ずっと立ってると膝が痛くなったり足がむくんだりする意外な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「座っているときや歩いているときは膝が痛くならないのに、立ってると膝が痛くなって辛い。。」

長時間立っていると辛いと感じている人が増えてきているように思います。

立つことが苦手な人は、満員電車で座席に座れなっかったり立ち仕事が続くと、膝が重だるく痛んだり、足が浮腫んだりします。


立ってるだけで膝が重だるく痛んだり浮腫んだりするのは本当に辛いものがあります。

今回は立ってるときに膝が痛くなる原因を解明し、どれだけ長時間立っても膝が痛くならない解消方法をご紹介します。

長時間立つと膝が痛くなるのは重心バランスの乱れ

ずっと立ってると膝が痛くなる人は、重心バランスが乱れています。

とくに立って膝が痛くなる人は、足にかかる重心のバランスが崩れています。

重心がかかと側に移行すると膝が痛くなる

立って膝が痛くなる人のは足のかかと側で体重を支えています。

かかとで体重を支えてしまうと膝の関節が伸びきった状態になります。

本来の正常な膝の角度はすこし山なりに曲がっているのですが、膝が伸び切った状態になると関節がロックされて余裕がなくなります。

これが立ったときに膝が痛くなる理由です。

かかと側に体重がのっかると脛骨というすねの骨が後ろに引っ張られ、膝が反り返った状態になります。

立って膝が痛くなる人の大多数が膝の裏に痛みを感じているのは膝が反っているためです。

かかと側に体重がのっかってしまう原因は浮き指

かかと側に体重が乗っかってしまう原因には幾つかありますが、いちばん多いのは足先の指の力の衰えです。

足の形に合わない靴やサンダルを長期間履いていると指に力が入らないようになります。

足の指が上側をむいてしまって地面をしっかりつかめなくなってしまうとかかと側で体重を支えようとします。

この現象を浮き指というのですが浮き指は膝だけでなく腰や首などの全身に悪影響を及ぼします。

浮き指を改善する足指強化エクササイズ

1.足指グーパー運動

足の指をグーパーさせるグーパー運動は浮き指を改善する第一ステップとなります。

まずは指をたくさん動かして少しでも重心が指先側に移動するように意識します。

入浴中は筋肉の温度があがるのでお風呂に浸かりながら足の指を動かすのがいいでしょう。

2.足指ゴルフボール掴み

ゴルフボールを足の裏側の指先に近い部分で掴みます。

最初は足の指が痛いので座りながら行いますが慣れてきたら立ってゴルフボールを掴みます。

体重をかけながら足の指の下でゴルフボールを踏み潰しながら握っていくような感覚です。

3.足指グー立ち運動

足の指を曲げて(じゃんけんで言うグーの状態)立ちます。

浮き指の人でなくても足指グー立ち運動は慣れないとできません。

ですが、これができるようになると膝の痛みだけでなく腰のほうもラクになります。

膝に痛みを抱えていたスポーツ選手や選手生命が脅かされていたアスリートたちも、足指グー立ち運動を実施して再起しています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*