膝が腫れてブヨブヨしているときの解決方法は○○することです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • 膝が腫れて膝小僧がブヨブヨして、膝のお皿が見えなくなる

 

  • 膝のお皿のまわりがプニプニして、触ったときに熱をもっている

 

  • 膝に体重をのせたときに重たくて不快な感覚がする

上記のような症状が出てきたときは、膝を痛めている可能性があります。

膝に強い痛みがなくても、不快な症状が出てきているときは、早くに原因を特定して解決しておくことが大切です。

膝が腫れてブヨブヨしているときは変形性膝関節症の可能性も

変形性膝関節症などの初期症状では、膝のこわばり膝周りの腫れが見受けられます。

座り続けたり、立ち続けたりすると、膝が重くなって、足が浮腫むような感覚も出てきます。

変形性膝関節症の症状は軽度、中度、重度とレベルごとに応じて治療方法が変わるため、早めに診察してもらうことが大切です。

膝が腫れてブヨブヨする原因

膝が腫れてブヨブヨするときは、朝起きたときよりも、夕方以降に頻発します。

とくに営業の仕事などで、1日中外回りをしている人は仕事終わりに膝が腫れぼったくなることが多いでしょう。

これは長時間にわたって膝の関節を動かし続けたことによって、膝内部で炎症が起きているためです。

本来の健康な膝であれば、膝を滑らかにする関節液が分泌されたとき、余分な関節液は吸収されます。

しかし、何らかの原因で膝内部の炎症が治まらないときは、分泌された関節液が吸収されません。

その結果、膝まわりに関節液がたまって膝が腫れてブヨブヨするわけです。

膝が腫れる原因は、生活習慣によるものと、膝の構造に問題があるものとが複合的に合わさることによって起こります。

例えば食生活が偏っていて、ファーストフードのような嗜好品ばかりを食べている人は、そうでない人と比べて炎症が起こりやすくなります。

睡眠不足が続いている人も、体がしっかり回復できないため、膝内部に炎症が生じやすいと言えるでしょう。

他には、運動不足による筋力ダウンなども、膝の炎症を起こす1つの要因です。

とくにデスクワークで日頃から体を動かしていない人が、週末にテニスやゴルフで無理をすると簡単に膝が壊れます。

デスクワークなどの体を動かさない仕事をしている人は、最低でも1日に20分くらいは歩くようにしましょう。

そうでもしないと、筋力不足によって膝に炎症が起こり、変形性膝関節症などのリスクが高まってしまいます。

膝の腫れを解消するうえで有効なメンテナンス

膝小僧がブヨブヨとして、腫れぼったくなっているときは、間違いなく関節液の流れが悪くなっています。

基本的に膝に熱感があるときは、炎症を鎮めるために膝を冷却します。

>>効果的な膝のアイシング方法についてのブログはコチラから

そして、冷却するだけでなく、冷却にプラスして簡単なセルフケアを取り入れることで速やかに膝の腫れを解消させることが可能です。

簡単なセルフケアとは、ストレッチングマッサージのことです。

例えば、膝小僧がブヨブヨして腫れているときはアイシングにプラスして、脂肪体のマッサージを実施します。

まずは、アイシングで痛み物質(サイトカイン)や疲労物質を除去して炎症を鎮めます。

そして膝のお皿まわりにある脂肪体をマッサージして、脂肪体に蓄積された奥深くの痛み物質や疲労物質を流し出します。

膝蓋下脂肪体のマッサージ方法については下記のコンテンツを参考にしてください。

>>お皿のブヨブヨを解消するために有効な脂肪体のマッサージ方法

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*