突発的な膝の痛みは睡眠不足が原因?!膝痛を解消する睡眠法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

とくに無理をしていないのに、突然ひざが痛くなるときがあります。

身に覚えがない状態で、急に膝が痛くなると不安になりますよね。

実は、突然ひざが痛くなるのは、睡眠不足が原因かもしれません。

睡眠不足で膝が痛くなる意外な理由

睡眠不足が原因になって膝が痛くなるというのは、あまり信じられない話かもしれません。

一般的に膝が痛くなるのは膝関節の軟骨がすり減っていると考えられているからです。

ですが、本当のところは膝の痛みは筋肉が硬くなったり、筋肉のバランスが悪くなることで、膝の関節に歪みが生まれて負担がかかっています。

ようするに最初は軟骨がすり減るのではなく、筋肉が硬くなって関節に歪みが生じてから軟骨がすり減るというわけです。

すでにお気づきかもしれませんが、筋肉が硬くなる理由は、全て外的環境による問題が重なって起こります。

それは、「栄養」・「運動」・「睡眠」です。

そのなかでも特に筋肉を硬くさせて、突発的な膝痛を招くのが、睡眠不足による膝の痛みです。

ショートスリーパーの方なら短い睡眠時間でも、カラダを回復させることができるかもしれません。

ですが、一般的には睡眠時間を一定数確保できないと、カラダに様々な不調が出てくるようになってきます。

なぜなら睡眠をとることで、疲れて硬くなった筋肉に酸素と栄養を送り込んで柔軟にさせることができるからです。

質の高い睡眠をとることができれば、肝臓や腎臓などもしっかりと浄化されるので、カラダに毒素を溜め込まずに済みます。

反対に、睡眠の質がわるくなって眠りが浅くなると、カラダが回復しなくなるばかりか、怪我をしやすいカラダを作ってしまうことになります。

もし何も心当たりがなくて、膝が痛くなっている場合は数週間くらいをさかのぼって、睡眠時間が少なくなっていないかチェックされることをオススメします。

スポンサード リンク

筋肉を柔軟にさせて膝痛を解消する睡眠方法

睡眠が痛みのないカラダを作るうえで絶対的に必要なものであることは、上記の内容でご理解いただけたかと思います。

しかしながら、睡眠はただ長い時間、寝ればいいというわけではありません。

眠りの浅い状態で何時間も布団のなかにいてると、逆に大きなストレスになってしまう可能性もあるからです。

実は睡眠の質を高めるためには、いくつかのことを実践していく必要があります。

その方法について今から解説していきますので、ぜひ実践して頂ければと思います。

1.寝る前にお腹いっぱいご飯を食べない

就寝前に食事をとると、眠りが浅くなります。

胃や腸の消化器官に負担をかけることになりますし、寝ている間に臓器が休むことができないので、カラダの回復能力が極端に低下します。

いちばんいいのは空腹状態で睡眠をとることです。

お腹が空いた状態で寝るなんて考えられないと思う方もいるかもしれませんが、空腹状態で睡眠をとることは色々なメリットがあります。

まず空腹状態で睡眠をとることで、成長ホルモンがしっかりと分泌されるので、カラダの修復能力があがって、髪の毛や皮膚や筋肉などのあらゆる場所が若返ります。

とくに夜の10時~深夜3時くらまでの時間は体内を浄化させるのにピッタリの時間です。

女性の方なら高い化粧品を使わなくても、お肌をみずみずしくさせる効果も期待できるので、できるだけお腹を空かせた状態で睡眠をとることをオススメします。

2.夜しっかり寝れない場合は昼寝をする

夜の時間帯にしっかりと睡眠をとれない場合は、昼寝をするのが効果的です。

昼に5分~20分くらいの短い睡眠をとることで、膝の痛みが大幅に改善されることがあります。

できれば毎日、昼寝を取り入れると大きな効果を実感しやすなるので、お昼の時間帯に余裕のある方は昼寝を取り入れるようにしましょう。

昼寝をすることで午後からの仕事の作業効率もあがるので、時間を有効活用できるメリットもあるかと思います。

あまりに長く寝すぎてしまうと、夜に寝れなくなったり、カラダがだるくなってしまうので、寝すぎたとしても30分くらいまでにしておきましょう。

3.睡眠前のストレッチ

寝る前にストレッチやセルフマッサージをして、硬くて縮んだ筋肉を柔軟にしておくと、就寝時の回復力を更に引き上げることができます。

ストレッチをするときは、少しでも心を落ち着かせて深呼吸をしながら行うようにしてください。

深呼吸をすることで自律神経のなかの副交感神経系が刺激されて、リラックスしながら睡眠に入ることができます。

無理をして痛みを感じながら強引にストレッチするとかえって神経が高ぶって眠りが浅くなるので、痛気持ちいい程度にストレッチやセルフマッサージをするようにしましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

コメントを残す

*