コンドロイチンなどのサプリメントに医師が否定的になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膝痛を改善したい人が、一度は試してみようと思うのが、コンドロイチンやグルコサミンなどのサプリメント。

高純度の成分が入っているものが良いとか、配合量が多いものが効果があるとか、そういった話をよく耳にします。

ですが、実際のところはどうなんでしょうか?

本当にそれらの成分は膝の痛みを解消してくれるのでしょうか?

今回は、コンドロイチンやグルコサミンにたいして、否定的な意見を述べている医療業界と、反対にコンドロイチンやグルコサミンの素晴らしさを大々的に伝えているサプリメントメーカーの思惑について徹底考察していきます。

なぜ、医療業界はサプリメントを叩くのか?

本屋さんに行って膝痛の本を開けてみると、かならずといっていいほど、サプリメントに関する目次やコラムがあります。

で、大体の本は、医師が監修しているもので、サプリメントにたいしての医師の見解は似たようなものばかりで、どれも否定的です。

高価なものは買わないでおきましょうとか、怪しいものには手をださないでおきましょうとか、リウマチ学会の論文で効果がないことが発表されていますとか、なにせ否定的な意見ばかりが目立ちます。

一体ナゼこれほどまでに、医療業界はサプリメントにたいして否定的なのでしょうか。

じつは、医療業界がサプリメントを懸念するのにはちゃんとした理由があります。

サプリメントで良くなられたら困るのが本音

今の日本の整形外科医院の特徴は、レントゲン検査や痛み止め、湿布薬の処方箋で点数を稼いでいます。

今までに整形外科医院を受診したことがある人なら気づいていると思いますが、痛み止めはいらないと言っても、処方したがるお医者さんもたくさんいます。

よく処方されるものとしては、痛み止めのロキソニンや消炎鎮痛剤のロキソニンテープやモーラステープなどです。

民間療法や代替療法だけを擁護するつもりはサラサラないですが、痛み止めや消炎鎮痛剤の慢性的な使用は、絶対に避けるべきです。

痛み止めや消炎鎮痛剤を長期間使用すると、自律神経系のバランスがたちまち乱れます。

薬の副作用で自律神経の交感神経が異常に緊張し、白血球のなかの顆粒球が一気に増えて、病気を誘発させます。

そして、自分で自己修復させる自然治癒力までもが失われ、免疫が低下してしまうため、カラダのあちこちに不調和をきたします。

ようするに整形外科としては、膝が痛くなったらサプリメントなどを使わずに、まずは病院に来て欲しいという思惑があります。

(※実際に、整形外科などでエックス線検査やMRI検査などが絶対的に必要になることがあります。病院に行かないことを提唱しているわけではありません。)

膝に痛みを抱えている人が、少なく見積もっても3000万人いると報告されているので、こういった人たちが病院に行かずにサプリメントを飲むようになったら、整形外科業界にとっては大きな痛手になるのは間違いないでしょう。

痛みの根本的な原因を伝えていない

膝が痛くなるのには、かならず原因があります。

今の医療業界は、構造上の損傷が痛みにつながると定義付けています。

レントゲン検査をしてから、ひざ関節の模型を見せて、軟骨がすり減っています、骨と骨がぶつかって痛みが起きています、などと話してくれるのはそのためです。

ですが、元をたどると、痛みの原因は軟骨がすり減ったからでも、骨と骨がぶつかったわけでもありません。

それに、関節の軟骨には神経がほとんどありません。

半月板なども、外側に若干血液が流れているだけなので、直接的な痛みにつながっているとは言いにくいのです。

なぜ軟骨がすり減ってしまうのか、なぜ骨同士がぶつかるのか、ここに関しての説明がほとんどないのが現状です。

体重が重くなったからとか、膝への過度な衝撃や必要以上の捻りが原因たと言ってくれる先生もいますが、だいたいの先生が骨や関節ばかりに着目しています。

反対に、膝の痛みにたいして熟知している優れた専門家は、膝痛は骨や関節を動かしているのは筋肉であることを知っています。

いろいろな病院を渡り歩いて良くならなかった膝が、サプリメントや食事療法、マッサージなどの民間療法で改善するといった事例もたくさん報告されています。

サプリメントメーカーは商品を売りたい

コンドロイチンやグルコサミンなどを取り扱うサプリメントメーカーが急激に増えてきています。

食品メーカーや、化粧品メーカーがこぞってサプリメント業界に進出していきています。

サプリメントの市場規模は年々増収傾向にあり、2015年の市場規模は、1兆5000億円以上です。

一発当たれば、企業としても大きな黒字が見込めるため、これだけ各社がサプリメントに注力しています。

ただし、このなかから、本当に質の高いサプリメントを選択するのは至難の業です。

コンドロイチンの実際の効果

コンドロイチンが、変形性膝関節症などの軟骨変性疾患の痛みを減らし、軟骨の摩耗スピードを抑える働きがあることを、東京薬科大学の伊東晃教授によって発表されています。

コンドロイチンが膝関節にもたらす影響

・軟骨成分となっているアグリカンコアタンパク質というタンパク質の分解を抑えて、軟骨の破壊を抑制してくれる

・コラーゲンを分解するマトリックス・メタロプロテアーゼという酵素の発生を抑制してくれる

・軟骨成分であるアグリカンコアタンパク質が産生されやすくなる

 

正しいサプリメントの選び方

コンドロイチンなどのサプリメントを選ぶうえで、もっとも大切になってくるのは、成分の配合量配合バランスです。

いくら良質の成分が配合されていても、配合量が不足していたり、配合バランスが損なわれていると、吸収率が低下してしまいます。

とくに膝痛を改善するためには、コンドロイチンやグルコサミンが一緒になって配合されている必要があります。

自分の膝の状態や体質に合わせて、正しくサプリメントを選ぶことができれば、体感がでる可能性は充分にあるかと思います。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

コメントを残す

*