オスグッド病を短期間で克服させるために最も重要なのは筋力バランス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回はオスグッド病になったときの対策方法についてオハナシします。

オスグッド病は、成長期(思春期)に過度に膝を使うことで起こる膝のスポーツ障害です。

大体、早ければ10歳くらいから、オスグッド病が発症して運動するたびに膝に痛みを訴えます。

オスグッド病はスポーツしている人に起こりやすく、とくにジャンプ動作やストップ動作の多いバスケットボールや、ボールを何度も繰り返し蹴るサッカーなどをやっている人に発症します。

スポンサード リンク

オスグッド病の原因

オスグッド病の原因は、太ももの前についている大腿四頭筋という膝を伸ばす筋肉が緊張して、膝のお皿の下側にある脛骨粗面が上に引っ張り上げられることで起こります。

大腿四頭筋がスポーツのしすぎで疲労しすぎて硬くなると、動きはじめに膝の下側が重く痛むのがオスグッド病の特徴です。

大腿四頭筋の停止している脛骨粗面には膝蓋腱という腱が付着しています。

膝蓋腱は、ちょうど膝のお皿の下あたりにあって、大腿四頭筋が緊張して上方向にテンションがかかるたびに膝蓋腱が脛骨粗面を引っ張り上げます。

長い間、膝蓋腱が脛骨粗面を引っ張り上げると、ボコっと脛骨粗面が隆起して骨が出てくるようになります。

過去にオスグッド病を経験したことのある人は、膝のお皿の下の骨が隆起しているので一目で分かります。

オスグッド病と成長痛の決定的な違い

オスグッド病は成長期(思春期)の頃に多発するために、成長痛と間違えられることがあります。

成長痛も思春期の頃に起きますが、オスグッド病と成長痛は違います。

成長痛は、基本的に膝単体で痛むことはありません。

そして成長痛は夕方以降〜夜間にかけて痛むことが多いので、このあたりもオスグッド病と大きく違う点です。

反対にオスグッド病の場合は、膝が限定的に痛みます。

とくに、じっとしている状態から動きだすときに膝のお皿の下側に重い痛みを感じるのが特徴です。

階段を降りたり、軽く走ったりするだけで膝の前面に重たい痛みが出てくるので日常生活が辛くなります。

オスグッド病を予防&悪化させない方法

オスグッド病は、しばらく安静にしていると痛みが治まってくるので、できるだけ無理をせずに安静にしておくことが大切です。

成長期のお子さんがいらっしゃる親御さんは、お子さんが学校のクラブ活動などで膝の痛みを我慢して無理して運動していないか確認してあげましょう。

とくにサッカーやバスケットボールなどの膝を酷使するスポーツは、骨が柔らかくなっている成長期においてオスグッド病を発症しやすいので充分なケアが必要です。

このあたりは個人差があるので何とも言えませんが、準備体操や運動後のストレッチなど習慣化させておくだけでも、オスグッド病の症状を軽減できます。

お子さんが団体競技をしている場合は注意が必要

団体競技は個人競技と違って、どうしても周りからの同調圧力があるために、皆が頑張っているからという理由で、痛みを我慢して動いてしまいがちです。

ですが、痛みを我慢しながら膝を酷使していると、20代以降も膝の痛みで悩まされることになったり、膝蓋靭帯が微細に断裂するジャンパー膝になりやすくなります。

筋力バランスを改善する

オスグッド病になりやすい人は、太ももの前後の筋力バランスに偏りが見られます。

大腿四頭筋のみが発達している場合は、後面のハムストリングスも鍛えるようにしましょう。

わたしが普段、オスグッド病で悩んでいるお子さんを施術させていただくときは、筋力のバランスを整えるために筋膜リリースという手技を用いて全身の筋肉を弛緩させていきます。

とくにオスグッド病では、骨盤の仙腸関節が歪んでしまうことによって大腿部の筋肉が緊張して硬くなっている場合が大半です。

仙腸関節が正常に動けるように歪みをとっていくと、びっくりするくらいに大腿四頭筋の緊張が解けていきます。

一般的には大腿四頭筋のストレッチなどをしてケアをしていくことが推奨されていますが、仙腸関節や筋膜をリリースすることができれば、ストレッチしなくても根本的に緊張が取れてしまいます。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*