膝が痛くて伸びないときは、うつ伏せ90度体操で痛み改善!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膝をずっと曲げた状態にしていると、伸ばすときに強い痛みを感じる場合があります。

とくに職業上、正座などを頻繁にしている人は、膝の曲げ伸ばしで痛みを感じやすいと言えます。

伸ばすと痛いので、そのまま「くの字」に曲げて、かばうような形で歩いてしまいがちです。

ですが、痛いのを怖がって、膝を曲げておそるおそる歩いていると、膝周りの筋肉が一気に衰えていきます。

衰えた筋肉は更に硬くなってしまうので、以前よりも膝を伸ばせなくなってしまい、更に動きがわるくなり、痛みも大きくなります。

もし、医療機関で検査が完了していて、骨や靭帯、半月板などに問題がなければ、今すぐにでもリハビリに取り組んでいきましょう。

膝を伸ばさずに動かすのがコツ

膝が曲げた状態から伸ばしたときに痛む場合、無理に伸ばさないことです。

まずは、膝を曲げた状態で、膝周りや股関節周りの筋肉を緩めていく体操がオススメです。

うつ伏せになって膝を曲げる体操

膝を曲げた状態から伸ばしたときに痛みが起きるということは、膝が伸ばされたときに、硬くなった股関節や膝周りの筋肉が引っ張られているということです。

1.うつ伏せになって膝を90度に曲げます。

2.膝を中心にして足首を時計回り、反時計回りと交互順番に30秒ずつ回します。

3.足首を回して痛みがなければ、膝を支点にしながら足全体で円を描くように回します。

4.内回りの動作を30秒、外回りの動作を30秒間、実施します。

膝を曲げ伸ばししたときに痛みを感じる方は、上記の動作を何セットやってから、膝を伸ばしてみてください。

おそらく痛みが少なくなってるはずです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*