膝蓋軟骨軟化症の症状と原因を徹底解説!具体的な治療方法もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膝が痛くなる症状の1つに膝蓋軟骨軟化症があります。

この記事では膝蓋軟骨軟化症の症状と原因をご紹介し具体的な解決策についてお話していきます。

膝蓋軟骨軟化症になったときに出てくる症状

膝蓋軟骨軟化症は膝のお皿のなかに痛みがでてくるので、膝を動かすたびに膝のお皿に重たい痛みを感じるようになります。

膝のお皿は膝を曲げ伸ばしするときに左右上下に動きますが、膝蓋軟骨軟化症になるとお皿の裏側に引っかかるような違和感がでてきます。

しゃがんでから立ち上がろうとしたときや、階段を登り降りをしたときに膝のお皿のなかが強く痛む場合は膝蓋軟骨軟化症を疑います。

膝の関節のなかが引っかかる場合は半月板損傷を疑いますが、膝のお皿が引っかかるように感じたり、ゴリゴリと音が鳴っているときは膝蓋軟骨軟化症の可能性が非常に高いです。

実際に膝蓋軟骨軟化症の人は膝のお皿を少し触るだけで痛むことが多く、とくに膝のお皿を押したときに強い痛みが出てきます。

膝蓋軟骨軟化症は放っておくと膝のお皿の裏側にある軟骨が摩耗して立っているだけで痛むようになるので早めの処置が必要です。

膝のお皿の軟骨が摩耗して周辺の組織が硬くなると膝の関節の位置も徐々にずれてしまい膝蓋大腿関節症の原因にもなることもあります。

膝蓋軟骨軟化症と似ている膝蓋骨不安定症

膝蓋軟骨軟化症の症状と似ている膝痛のなかに膝蓋骨不安定症があります。

膝のお皿が不安定になって膝のお皿の脱臼が頻繁に起きている場合は膝蓋骨不安定症を疑います。

膝蓋軟骨軟化症は膝のお皿の裏側にある軟骨が変性してしまい、その結果二次的な症状として膝のお皿が亜脱臼します。

ですので、最初から膝のお皿が常に外れている場合は膝蓋軟骨軟化症ではなく膝蓋骨不安定症の可能性が高いといえます。

膝の前面部(膝のお皿の前側や膝のお皿の裏側)に痛みを感じている場合は膝蓋軟骨軟化症の可能性が高くなります。

詳しい判断は整形外科を受診することでわかりますので、なるだけ早くに整形外科で診てもらいましょう。

スポンサード リンク

膝蓋軟骨軟化症はなぜ起こるのか

膝蓋軟骨軟化症は膝のお皿の裏側の軟骨が膝を曲げ伸ばしするときに大腿骨と何度も擦れ合うことによって炎症を起こします。

膝のお皿のなかに気持ち悪さや痛みを感じるのはそのためです。

軟骨自体には神経はないのですが軟骨が炎症を起こすことで膝のなかで痛み物質がでてきます。

膝蓋軟骨軟化症の炎症が進んでいくと膝のお皿が大きく変性してしまい、軟骨が柔らかくなったり、ヒビがはいったり、膨張したりします。

膝蓋軟骨軟化症のいちばんの原因は膝関節の酷使です。

膝に大きな負荷衝撃捻れが何度も繰り返し起きると膝のお皿の裏側が大腿骨にぶつかって炎症が起こりやすくなります。

特にスポーツなどで膝を酷使している人は膝蓋軟骨軟化症になる確率が高くなります。

ジャンプ動作の多いバレーボールやバスケットボールをしたり、マラソンなどをして何度も膝に衝撃をかけている長距離ランナーなどは膝蓋軟骨軟化症になりやすいと言っていいでしょう。

スポーツをしている若い女性のほうが膝蓋軟骨軟化症になりやすく、特にホルモンバランスが変化する思春期の頃は膝の関節が緩みやすくなるので余計に頻度が高くなります。

膝蓋軟骨軟化症を解消する方法

膝を休ませる

膝蓋軟骨軟化症はゆっくり休んで適切な処置をすれば症状は改善していきます。

しゃがんだり立ったりすることは避けて階段など膝を曲げ伸ばしする動作はなるだけ避けるようにします。

スポーツなどで膝を酷使している人は一旦スポーツ活動を休止して膝の炎症が治まるまで安静にしておきましょう。

基本的に膝蓋軟骨軟化症で手術をすることなどはほとんどありません。

ですが痛みを我慢して無理してスポーツをすると膝のお皿が変性して膝のお皿が脱臼するようになります。

脱臼を何度も繰り返すようになると手術が必要になってきますので決して無理をしないようにゆっくり休みましょう。

痛みのない範囲で軽いエクササイズを行う

まったく膝を動かさないのではなく、炎症が起きない程度にストレッチをしたり、不足している筋肉を鍛える軽いエクササイズを行います。

膝蓋軟骨軟化症でおすすめのエクササイズは上向きになって太ももの裏を引き上げるエクササイズです。

このエクササイズを行うことで膝に負担をかけることなく弱った太ももの裏を鍛えることができます。

肩幅程度に足を広げて膝が直角になるようにして太ももの裏を引き上げるようにしましょう。

エクササイズやストレッチをして膝に熱感がある場合はアイシングでしっかり20分以上は冷やすようにしてください。

大腿四頭筋の緊張を取り除く

膝蓋軟骨軟化症は太ももの前側にある大腿四頭筋が発達しすぎることで起こります。

大腿四頭筋が発達しすぎると膝のお皿が大腿骨を締め付けるような形になるからです。

膝蓋軟骨軟化症になるほとんどの人が大腿四頭筋が緊張していて、太ももの裏にあるハムストリングという筋肉が弱っています。

なので、膝蓋軟骨軟化症を解消するためには大腿四頭筋とハムストリングのバランスを整えることが大切になってきます。

大腿四頭筋の緊張を取り除くには大腿四頭筋のストレッチがおすすめです。

座ってでも立ってでもどちらでも構いませんが、膝に痛みがでない範囲で行いましょう。

ハイヒールなどの不安定な靴ははかない

膝蓋軟骨軟化症になっているときはハイヒールなどの不安定な靴は履かないようにしましょう。

ハイヒールを履くと太ももの前側に大腿四頭筋が緊張してしまうため、膝のお皿が大腿骨と擦れてしまいやすくなります。

痛みや炎症が治まるまではクッション性の高い、かかとがしっかり固定された履きやすい靴を選ぶようにしてください。

扁平足の人は膝に負担がかかりやすいのでインソールなどの中敷きを使って衝撃を吸収できるようにしておきましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

コメントを残す

*