軟骨の修復を促進させるために知っておきたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

軟骨が修復されれば変形性膝関節症や半月板損傷による膝の痛みを大幅に改善することができます。

 

今までは軟骨は一度すり減ると二度と再生されないと言われてきました。

 

ですが、最近になって関節内の環境さえ整えてあげれば軟骨が再生されることが分かってきています。

 

失われた半月板や関節軟骨が完全に元どおりに修復されなくとも、少しでも軟骨が修復されていけば確実に日常生活での動作が楽になってくるはずです。

 

ということで、今回は膝の軟骨修復を促進させるために知っておいたほうがいい幾つかのポイントをご紹介します。
 

軟骨の修復を促進させよう

軟骨を修復させていくうえで知っておかないといけないことがあります。

 

それは関節軟骨や半月板は、栄養や酸素を含んだ関節液を取り込んで軟骨を修復しているということです。

 

酸素と栄養を含んだ関節液をしっかり軟骨に送り届けるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

軟骨修復のカギは痛みなく行える適度な運動

 

膝を適度に動かすことで軟骨に栄養や酸素を送り届けることができます。

 

大切なのは膝を適度に動かすということです。

 

膝の痛み度合いや関節の状態に応じて適度な運動レベルは変わってきますが、何より大切なのは痛みのない範囲で膝を動かすことです。

 

痛みなく行える軽い運動にはウォーキングや軽い水泳、水中歩行などがあります。

 

継続していくことが大切なので、無理なく続けられる自分にあった運動を選びましょう。

 

動き出したときに少し膝に重たいような感覚があっても、動かしていくうちにラクになっていく場合もあります。

 

無理は禁物ですが歩くのが辛い時はストレッチや足の指のグーパー運動などをするだけでも軟骨に栄養と酸素は届きます。

 

シンドイからといった理由で膝を動かさずにいると膝周りの筋肉はどんどん衰えていきます。

 

筋肉が減少すると膝の関節に負担がかかりやすくなるので積極的に動かしていきましょう。

 

軟骨の修復が行われるのは夜寝ているとき

軟骨の修復が行われるのは膝に体重がかかっていないときです。

 

特に夜寝ている時は膝に体重がかからないため軟骨が修復されやすくなります。

 

睡眠時間が短い人やソファなどで寝ている人は充分に休めていないことが多く軟骨も修復されにくくなります。

 

かつて日本を一世風靡した歌手の美空ひばりさんは50代前半にして大腿骨頭壊死で亡くなりました。

 

美空ひばりさんは多忙のためほとんど寝ておらず、軟骨が修復される時間帯がなかったために大腿骨頭が壊死したと言われています。

 

この事例からも、やはり体をしっかり休ませることは軟骨を修復させるうえで絶対に必要なことがわかります。

 

睡眠時間が少ない人や、睡眠の質が低い人はしっかりと睡眠を取れるようにしましょう。

 

軟骨は食べたもので出来ている

当然のことですが私たちの体は食べたもので出来ています。

 

食生活が不摂生だったり栄養バランスの偏った食生活をしていると不調を招きますし、怪我しやすい病気の治りにくい体を作ってしまうことになります。

 

とくに軟骨は良質なタンパク質を摂取することで軟骨の栄養成分となるコラーゲン、ヒアルロン酸などが作られます。

 

適度な運動と休養、そしてバランスの取れた食生活、この3つがすべて機能してこそ軟骨の修復が促進されるのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*