半月板損傷の具体的な症状と治療方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

半月板損傷の具体的な症状と治療方法について

膝の痛みのなかでも、半月板損傷で日常生活に支障をきたしている人は多いです。ここでは半月板損傷の症状や、診断方法、治療方法などについてお話していきます。

 

◆半月板損傷になる原因

半月板とは、膝関節のクッションとなってくれている関節軟骨の一部です。半月板は人の耳たぶを少し硬くしたくらいの弾力で、見た目は貝柱のように白くなっています。

膝関節は衝撃や捻じれに最も弱く、半月板は衝撃吸収材の役割を担っています。しかし、あまりにも衝撃が大きくなったり、必要以上の捻りが加わった場合、半月板は損傷します。

半月板が損傷する理由は様々ですが、大きく分けて2パターンに分かれます。

一つはスポーツや事故などによって損傷する急性期のパターン、もう一つは年数とともに衝撃が蓄積し、徐々に損傷していく慢性期のパターンです。(スポーツや事故以外でも、慢性的に膝関節に繰り返し捻れや衝撃が重なると、半月板が削られて薄くなったり、亀裂が入ったりします。)

◆半月板が損傷すると、どのような症状がでるか

半月板損傷で最も多く見られる症状は、膝関節のロッキング現象です。

ロッキング現象は、半月板が関節内で引っかかって、膝の曲げ伸ばしができなくなることです。

このロッキングは非常に厄介です。ロッキングがあると、日常生活に大きな支障をきたします。

歩くこともできないですし、ロッキングがあると炎症が起きやすいので、膝のなかに水がたまります。

他にも下記のような症状が出てくることがあります。

・膝がガクッとなって、膝崩れが起こる
・膝からバキッと音が鳴って、膝が腫れる
・膝に力が入らなくて、踏ん張りがきかない

ロッキングが起きている間は、絶対に無理に膝を伸ばしたりしないでください。そこで無理に膝を引き伸ばすと、更に半月板が傷ついたり、靭帯や健などを傷つける原因になります。

 

◆半月板損傷の診断方法

半月板損傷が疑われる場合は、MRI検査での画像診断が必要です。レントゲンだけだと、膝関節の大まかな状況しか把握できません。医師に必ずロッキングがあることを伝えてMRI検査を受けるようにしてください。

※稀にMRI検査を受けても、半月板が損傷しているにも関わらず、影などで損傷が確認できないこともあります。1回の検査で判断せずにロッキングが続いている場合は、必ず医師に相談するようにしてください。

基本的にMRI検査を実施している医療機関は、民間のクリニックではなく、大学病院などの大きな病院になります。

スポーツで受傷した場合はスポーツ整形外科を、日常生活のなかで膝を痛めた場合は一般的な整形外科を受診するといいでしょう。

MRI検査の費用は、3割負担で診察代金なども含めて約7000円~9000円ほどです。

初診の場合は、レントゲン検査とMRI検査を同時に行うことがほとんどです。

レントゲンの費用も合わせると、1万円以上と結構高くなりますが、しっかり検査をして次のステップに移りましょう。

 

【半月板の損傷パターンは全部で4パターン】

半月板損傷には断裂のパターンが全部で4種類あります。

断裂のパターンや状態に応じて、保存療法か手術療法かが検討されます。

 

縦断裂損傷(半月板が縦に断裂します)

半月板の縦断裂損傷は、半月板が縦の方向に裂けてしまった状態です。

半月板には、ほとんど神経や血液が通ってないのですが、外側には血液が一部流れています。

半月板の内側のほうで縦に大きく裂けてしまった場合は、血流がないため、引っ付いて回復することが難しくなります。

縦断裂の状態をそのまま放置しておくと、裂けた箇所が徐々に広がってバケツのような丸い穴が空きます。

そのことから半月板の縦断裂損傷を、バケツ柄状断裂と呼ばれることがあります。

 

横断裂損傷(半月板が横に断裂します)

半月板が横の向きに断裂することを、横断裂損傷といいます。

縦に裂けた場合は、裂けた半月板同士を縫合すれば良いのですが、横に裂けた場合は、内側から避けているため縫合することはできません。

横断裂損傷の場合は、裂けた半月板を切除する切除術が検討されることが多いです。

 

外縁剥離損傷(半月板の外側)

半月板の外縁剥離損傷とは、関節包と付着している外側の縁が剥離することを意味します。

外縁剥離損傷をしても軽度であれば、損傷した箇所が引っ付く可能性もあります。

損傷箇所が大きければ、剥離した箇所を縫合する手術が検討されます。

 

水平断裂損傷(半月板が上下に裂けます)

水平断裂損傷とは、半月板の上下がペラっと2枚に裂けてしまうことです。

水平断裂損傷は、外側半月板に発生しやすく、特に高齢者の方が水平断裂損傷を起こしやすくなります。

水平断裂の場合は、めくれた半月板を切除することが一般的です。

 

◆半月板損傷の治療について

【保存療法】

半月板損傷の治療は、軽度であれば保存療法が検討されます。

サポーターやサラシなどで、膝関節を一定期間固定することによって、炎症が治まる例もたくさん報告されています。

関節水腫なども確認される場合は、関節内注射で水を抜いて、一時的に膝の炎症を取り除いてから、患部を固定します。

保存療法で大切なことは、正しい角度で膝関節を適切に固定することであったり、熱や腫れなどがあるうちは、定期的にアイシングを実施することです。

【手術療法】

ロッキング現象があって、膝の引っ掛かりがとれない場合や、関節ねずみ(関節内遊離体)などが確認される場合は、関節鏡を使った関節鏡手術を行います。

関節鏡手術は日帰りでできる医療機関もあれば、状態によっては数日間~数週間入院を要する場合もあります。

関節鏡手術を実施した後は、どうしても膝関節が腫れてしまいます。

手術後は、熱心にアイシングを実施することが、早期リハビリ、早期復帰につながります。

【半月板損傷の手術詳細】

半月板損傷の手術は、剥離したり裂けたりした半月板を縫合する縫合術と、半月板をハサミでカットする切除術があります。

半月板の外側のほうには、栄養と酸素が送られる血管があるため、縫合すれば元通りに戻ります。

 

反対に、半月板の内側のほうには血管がないため、縫合してもくっつきません。

なので、内側が損傷している場合は切除術が選択されます。

【縫合術のメリット&デメリット】

縫合術の場合は、半月板を元通りにできる可能性が高くなります。

半月板の本来の衝撃吸収材としての役目を取り戻すことが可能です。

縫合術のデメリットは、手術をした後は、しばらく脚に体重をかけてはいけないということです。

患部の脚に体重をかけてしまうと、縫合した部分が再び裂けてしまう危険があるからです。

荷重できない期間が長く続くと、筋力が一気に衰えるので、リハビリテーションの初期は結構辛いものがあります。

【切除術のメリット&デメリット】

切除術のメリットは、なにより手術後に早期でリハビリテーションに取り組むことができるので、回復が早くなります。

切除術の場合は、社会人の方であれば早めに職場復帰できるので、縫合術と比較すると大変にラクです。

ただしメリットだけではありません。切除術のデメリットは、将来的に変形性膝関節症になりやすいということです。

やはり、半月板を失ってしまうと失う面積にもよりますが、関節軟骨に大きなダメージを与えてしまいかねません。

切除術を選択した場合は、病院を退院してからも、継続的な膝関節周りのストレッチングや筋肉トレーニングなどをしておいたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*