ひざの仕組みについてイラストを使って徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ひざは2つの関節で出来ている

関節は、骨と骨とが連結している部分のことを指します。大腿骨という太ももの骨と、脛骨というスネの骨、腓骨という脛骨の反対側にある外側の細い骨、そして膝蓋骨というひざのお皿の4つを合わせて、2つの関節が成立しています。大腿骨と脛骨が連結している関節を「大腿脛骨関節」、大腿骨と膝蓋骨が連結している関節を「膝蓋大腿関節」といいます。

関節軟骨の役割

骨同士が接する面は、なめらかな関節軟骨でそれぞれ覆われています。この関節軟骨が過剰な衝撃や摩擦、捻れによって摩耗していくと変形性膝関節症になる可能性が高くなります。一般的に変形性膝関節症は大腿骨と脛骨の関節軟骨が擦り減って膝に痛みが生じた場合を指します。膝蓋骨と大腿骨とがぶつかって起きる変性疾患は「膝蓋大腿関節症」といいます。大腿脛骨関節には普段から大きな負担がかかるので関節軟骨以外にも半月板という板状の軟骨組織が衝撃吸収材としての役割を果たしています。生活に支障をきたすまで膝が痛くなってしまった人は大腿脛骨関節に何らかの問題が起きている可能性が高いです。

(※膝を正面からみた写真)

ひざの動きを支える靭帯と筋肉

靭帯は離れ離れになった骨同士をつなぎとめてくれる弾性にとんだ帯のようなものです。靭帯はかなり強靭で伸縮性があって、骨同士をしっかり固定してくれています。骨同士を固定するだけでなく、筋肉と連動して膝の繊細な動きをコントロールしてくれています。大腿骨と脛骨は2本の大きな帯が交差してできている十字靭帯(前十字靭帯+後十字靭帯)と、内側側副靭帯によってつながれています。大腿骨と腓骨は外側側副靭帯がつないでいます。十字靭帯は、膝の前後の動きや、膝を回す動きを支えてくれています。内側と外側についている側副靭帯は膝の左右の動きを支えて、膝を安定させています。膝のお皿は膝蓋靭帯が支えてくれています。膝を最も大きく動かしている筋肉は太ももの前側についている大腿四頭筋です。大腿四頭筋は全身の筋肉のなかでも大きなもので、運動療法で膝の痛みを取っていく際に大腿四頭筋を鍛えて関節を支える力を向上させていきます。

(※膝を横側から見た写真)

軟骨と関節液の関係

関節は関節包という袋状の膜で包まれています。そして関節包の内部は関節液で満たされています。関節液は滑膜という関節包の内側にある場所から分泌されています。関節液には、水とヒアルロン酸という主成分にプラスして、軟骨に供給するための酸素や栄養も含まれています。膝関節を曲げ伸ばしすると関節の袋のなかで圧が生まれて、酸素や栄養が軟骨に吸収されていきます。そのため軟骨は網目状のスポンジのような構造をしています。網目状の軟骨は酸素や栄養をしっかりと吸収してくれます。

まとめ

・膝関節は関節だけでは不安定である

・靭帯や筋肉が上手く機能することで関節の安定化につながる

・半月板や関節軟骨は関節液の中から酸素と栄養を取り込んでいる

・関節が曲げ伸ばしされることによって関節軟骨に酸素と栄養が行き届く

 

膝の仕組みについてご理解いただけましたでしょうか?

解剖学的な知識を得ることによって、膝痛のメカニズムを少しでも多く理解して頂けたらと思っています。

なお、解剖学的な知識だけでは膝の痛みは改善しません。解剖学的な知識にプラスして私達の体はどのようにして作られているのか基盤となる部分を知っておく必要があります。

当サイトでは膝痛で悩まれている方が、より効果的に膝痛を改善して頂くために、痛みを本質から改善させていく大切さについてお話させていただいています。

お時間が許すときに目を通して頂ければ幸いです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*