膝の水って自然になくなるの?ぷにぷにしてるけど痛くない場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

・なにも変わったことをしていないのに、膝がぷくっと腫れてぷにぷにしている

・膝の水は自然に抜けるのであれば、整形外科を受診しなくてもいいような気がする

膝に痛みがない状態で軽いむくみや浮腫が確認できたときは、病院に行こうかどうか迷いますよね。

結論から言えば、膝のお皿まわりがぷにぷにしている状態で違和感や痛みが何もないのであれば、様子を見てからで問題ありません。

ですが、少しでも様子がいつもと違うなと感じたらすぐに整形外科を受診するようにしましょう。

膝がぷにぷにしている原因は関節水腫の前触れかもしれません

一般的には、膝に水がたまって大きく腫れてしまうことを関節水腫(かんせつすいしゅ)と言います。

わたしが仲良くさせて頂いている整形外科の先生も、関節水腫で悩んでいる膝痛持ちの人がかなりいるとお話しされていました。

水がたくさんたまったら痛みが出てくる原因

関節水腫になると、ひどい場合は大丈夫なほうの膝の2倍以上に腫れることがあります。

腫れる原因は人によって違いますが、関節水腫のほとんどの原因は膝の関節に大きな負担がかかることです。

膝の関節が耐えきれないくらいの大きな負担(摩擦・捻れ・衝撃)がかかったことで、関節のなかで炎症が起こって、その炎症を冷やすために関節液が多く分泌されます。

つまり、膝の水の正体は「関節の炎症を和らげるために分泌された関節液」というわけです。

膝の炎症を抑えるために膝に水がたまるように出来ているので、膝に水がたまることは悪いわけではありません。

ですが、膝に水がたまってしまうと膝の関節が動かしにくくなったり、何となく違和感があって気持ち悪いような状態になります。

あまりにも膝の動きに制限がかかったり、関節液がなかなか自然に抜けないときは、注射をつかって膝のなかにたまった水を抜くことがあります。

膝の水を抜いたらクセになるのは間違い

一昔前までは、膝の水を何度も抜いているとクセになると言われていましたが、実際のところは膝の水を注射で抜くからクセになるわけではありません。

本当のところは、膝の関節の環境が弱っていて、少しの負担がかかるだけで、膝に水がたまるような状態になってしまっているからです。

ですから、膝に水が少し程度たまっているくらいなら、注射を使って水を抜くのではなく、様子をみながら徐々に水が抜けるのを待ってみましょう。

そのかわり、完全に自己判断するのは危険ですから、少し程度の腫れであっても念のために整形外科を受診してお医者さんに診察してもらうようにしてください。

ぷにぷにしている原因を解明しよう

いずれにせよ、膝がぷにぷにしていたり、ボワッとしている場合は、自覚症状がなくても膝関節に何らかの負担がかかっています。

外食が続いている場合は注意が必要

例えば、外食が続いていて体重が数週間や数ヶ月で数キロ増えている場合は、気づかないうちに膝に大きな負担がかかっていることがあります。

ハードな仕事環境も膝に負担がかかっている

あとは営業周りや介護の仕事などで忙しなく動いている方はどうしても膝に負担がかかっている場合があるので、無理が続いた時は注意が必要です。

私が以前、担当したお客様は入浴介助でハードに動かれていましたが、ある日を境に膝がパンパンに腫れて整形外科を受診されました。

その方は関節液から血が確認されるほど組織がダメージを受けていて、半月板という関節のなかにあるクッションが損傷していました。

このような状態になっては仕事への復帰も遅れるばかりか、日常生活を送ることも難しくなるので、とにかく膝に負担がかからないようなカラダの使い方を習得しておく必要があります。

膝に負担がかからない膝の使い方についてはコチラを参考にしてください。

肉食中心の人は炎症が起こりやすい

あとは食生活も大事です。

食生活が不摂生になって動物性食品ばかりを食べている人は そうでない人と比べて炎症反応が起こりやすく膝が腫れやすくなります。

特に牛肉が好きな人は筋肉が硬くなりやすく、そのぶん関節にも負担がかかるので、植物性食品を積極的に取り入れることが重要です。

割合としては植物性食品が7割、動物性食品を3割程度にしておくのが理想です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

膝の水が自然になくなるまでに少しでも違和感や不快な症状があったら、早めに整形外科を受診することの大切さを理解していただけてたら嬉しいです。

反対に もし、なんの不快感や痛みもない状態であれば、そのまま様子を見て経過観察をしてもらって大丈夫です。

できるだけ自分の生活習慣や行動パターンを思い起こしながら、なにが原因で膝が腫れたのかを特定するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶自己紹介

▶自己紹介

当サイトに訪問してくださり、ありがとうございます。当管理人であるミズタは健康で丈夫な膝を取り戻したいと願う方々に向けて、独自の手技を用いて膝のメンテナンスを全国規模で展開しています。

LINE@読者限定特典!

LINE@読者限定特典!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@がスタートしました。膝に関するご相談や書いてほしい記事などございましたら遠慮なくLINE@までコンタクトしてください。コンタクトの仕方は、上記のQRコードをLINEの友達追加ページにあるQRコードライブラリから読み込んで友達追加を押してください。

コメントを残す

*