膝の下側が痛いと強く訴える子供に親が今すぐしてあげれること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

我が子が膝を痛そうにしている姿をみるのは、親としては大変に歯がゆい気持ちです。

今回は膝の下側が痛い子供にたいして、親が今すぐにできることをお話しします。

子供の膝の下側の痛みの原因

子供の膝の下側の痛みは、いつ頃から始まったでしょうか。

まずは、痛くなった日付を思い出して、何日くらい膝の下側を痛がっているのか特定しましょう。

成長期痛か、スポーツ障害か

子供の膝の下側の痛みで厄介なのが、成長痛とスポーツ障害の判別が難しいことです。

とくに子供がスポーツをしている場合は、スポーツ障害の可能性も考えられます。

成長期でもっとも多いスポーツ障害はオスグッド病です。

オスグッド病になると、膝の下側が強烈に痛みます。

膝の下側にある脛骨粗面という部分が、ボコっと隆起している場合はオスグッドを疑います。

オスグッド病になると、少し走ったりするだけで膝の下側が重く痛むため、スポーツを休止させなければいけません。

子供がサッカーやバスケなどのジャンプやストップ動作の多いスポーツをしている場合はオスグッド病の可能性が非常に高いと言えます。

水泳などではオスグッド病は起こりにくいのですが、平泳ぎのキックを打ちすぎることで膝の内側下が痛むことがあります。

どちらにしても、なるだけ早くに整形外科を受診して医師の診断を受けてください。

オスグッド病と診断されたら

我が子がオスグッド病と診断されたら、しばらくスポーツは控えるようにと医師から言われることがあるかもしれません。

たしかにスポーツを控えていれば、膝の下側の痛みも治ってきやすいでしょう。

ただ、子供としては大好きなスポーツを休みたくない、皆に休んでるところを見せたくないという気持ちになるものです。

完全にスポーツをストップすることが負担になるときは、痛みのない範囲で動いて、痛みが出てきたら休むといったスタンスで再開できないか学校やクラブ側に相談してみましょう。

オスグッド病に効果的なストレッチ

子供がオスグッド病になったら、痛みを緩和させることのできるストレッチを取り入れましょう。

 

 

 

 

 

オスグッドにもっとも有効なストレッチは、大腿四頭筋のストレッチです。

大腿四頭筋は太ももの前にある筋肉ですが、この筋肉が硬く緊張すると膝の下側にある脛骨粗面を引っ張り上げます。

普段から大腿四頭筋のストレッチを習慣化させることで早期で痛みが消失する可能性が充分にあります。

大腿四頭筋のストレッチの仕方は何種類かありますが、どのストレッチも強い痛みを感じるまでやってはいけません。

少し痛くても伸びてる感覚が十分に感じられれば正しくストレッチできています。

もっともシンプルな大腿四頭筋のストレッチは、スタンディング形式で立ったまま伸ばしていくストレッチです。

伸ばすほうの足首を手で持ったときに腰が反らないように、おへその下に軽く力を入れながら、かかとをお尻に引きつけてあげましょう。

もっと強く伸び感を得たいときは、床におしりをつけた状態でストレッチをします。

ストレッチをかけていないほうの脚は足を曲げずに伸ばしておきましょう。

ストレッチをかけるほうの膝は曲げたときに内側に入りやすいので、痛みのない範囲で行ってください。

子供の膝の下側の痛みが、なにをしても解決できなかったら

スポーツを休んで、病院に行って、安静にして、ストレッチなどをしていても、子供が膝の下側を痛がり続けることがあります。

そういった場合は、遠慮なく私のほうまでご相談ください。

わたしは今までに数多くの成長期にあるお子さんをみてきましたが、大半のオスグッド病は早期で改善していきました。

成長痛やオスグッド病の原因は体の使い方に問題があることが多く、筋肉を支えているポイントを正常な位置に持ってきてあげるだけで症状が治まってしまうこともあります。

しばらくの間、痛みが続いていたお子さんに関しては、脳が痛みを記憶しているため、痛みのない動作を繰り返し頭のなかに記憶させることで動作時痛をなくしていくことも可能です。

ご相談は、LINE@のほうからできますので、遠慮なくご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

LINE@読者限定特典!

LINE@読者限定特典!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@がスタートしました。膝に関するご相談や書いてほしい記事などございましたら遠慮なくLINE@までコンタクトしてください。コンタクトの仕方は、上記のQRコードをLINEの友達追加ページにあるQRコードライブラリから読み込んで友達追加を押してください。

コメントを残す

*