膝の捻挫の種類は全部で3パターン、症状に応じた治し方を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関節に無理な力が加わることで、捻挫が起こります。

膝関節のなかの骨同士をつないでいる靱帯が、過度に伸びたり切れたりすることを膝関節捻挫といいます。

近年では膝の靭帯に損傷箇所がなくても、膝関節を包み込んでいる関節包が損傷していれば、膝関節の捻挫とみなされるようにもなりました。

膝の関節が捻挫する原因

膝の関節が捻挫する原因は膝に無理な力(ねじれや衝撃)が加わるからです。

とくに、膝が捻れながら衝撃を受けたときは膝関節は大きくひねられてしまい、ダメージの強い捻挫が起こります。

膝の捻挫がもっとも多く起きやすいシチュエーションは団体競技によるスポーツ(ラグビー、アメフト、サッカー、バスケ)などです。

もちろん、膝の捻挫は個人競技(水泳、陸上、テニス)でも起こりますし、日常生活でも膝を捻挫するケースも多く見受けられています。

膝関節の捻挫の症状は大きく分けると3パターン

膝関節の捻挫の症状は靭帯損傷の損傷度合いに応じて3パターンに分かれています。

靭帯の損傷具合が大きくなればなるほどに、重度に近づきます。

膝関節捻挫1度(靭帯損傷レベル軽度)

膝関節の靱帯は少しは伸びているものの、断裂まではいかない状態です。

膝関節内部、外部の痛み、関節水腫などの腫れや打撲などによる皮下出血などもそこまで酷くない状態です。

多くの人が経験する膝関節の捻挫は、軽度の捻挫だと言っていいでしょう。

膝関節捻挫2度(靭帯損傷レベル中度)

このあたりから少し状況が深刻になってきます。

膝の靱帯に部分的な断裂が起きることで関節内で炎症反応が生まれ、疼痛や腫れが出現します。

膝関節捻挫1度の靱帯損傷と違って、2度になると痛みのレベルや、膝全体の腫れや出血の範囲が拡大します。

ただし、部分的な断裂のため、そこまで関節に不安定感を感じることっはありません。

膝関節捻挫3度(靭帯損傷レベル重度)

膝の重度の捻挫は、完全に靱帯が切れてしまった状態です。

悶え苦しむほどの激しい痛みに襲われ、悪寒や冷や汗がでてきます。

膝関節もパンパンに膨れ上がって膝が2倍以上に大きくなって大量の皮下出血も確認されます。

もちろん靭帯が完全に断裂してしまっているので、膝関節は不安定になります。

軽度や中度の損傷のときと大きく違うのは、靭帯が完全に断裂しているので膝に体重をかけることができないことです。

膝関節捻挫になったときの対処法(応急手当)

膝関節を捻挫した場合、速やかな応急手当が求められます。

応急手当が早ければ早いほど予後が良いので、病院にいくまでに即座に応急手当を行いましょう。

通常、応急手当はライス処置と呼ばれる4段階形式の処置を実施することが一般的になっています。

応急手当を行いながら、もしくは応急処置後は病院の診察を自己判断をせず、整形外科で診察を受けにいってください。

RICE処置の役割

RICE処置を正しく行うために、それぞれの意味と役割を理解しておきましょう。

1.Rest:安静にして、患部を守る。

捻挫した患部はなるだけ動かさないように安静にします。

とくに中度~重度の靭帯損傷の場合は、体重をかけないように細心の注意を払う必要があります。

2.Ice:とにかく冷却をして腫れを抑える

捻挫した部分を全体で包み込むようにしながらビニール袋に氷を入れて冷やします。

冷却パックなどでも患部を冷やすことは可能ですが、氷点下になる場合があるため凍傷などのリスクがあります。

そのことを考えると、氷を入れたビニール袋に水を入れて捻挫した膝関節を冷やしたほうが懸命です。

冷却時間は個々人によって若干の差がありますが、20分~30分冷やしたら、一度患部から氷を取り外しましょう。

冷却の頻度や目安は靭帯の損傷状態によって変わってきます。

損傷状態が重度の場合は冷却時間が必然的に長くなりますし、アイシングの頻度も増えます。

3.Compression:圧迫をし、組織の内出血を防ぐ

捻挫した膝関節は放っておくとドンドン腫れていきます。

膝の腫れや内出血を食い止めるには、圧迫が必要です。

損傷部位を圧迫をするときは、伸縮性のあるバンテージ(弾力包帯)やキネシオテープなどを使います。

損傷した箇所を均一の圧力で巻いて固定することによって、膝の内部と外部の内出血を防ぐことができます。

伸縮性包帯をあまりに強く巻きすぎると血流が止まってしまうので、あまり締め付けないように注意を払って巻きましょう。

4.Elevation:挙げる(患部を心臓よりも高い位置に置く)

膝関節の内出血は圧迫しながら、捻挫で損傷した部位を心臓より高い位置に持ってくることが大切です。

高い位置に膝を挙げることで、内出血を防ぐだけでなく痛みを緩和させることもできます。

挙上した患部は椅子や枕などを使用して、しばらく高い位置で挙げたままにしておきましょう。

不安定な場所で挙上すると、二次災害にも繋がりかねないので、しっかりと安定した場所で膝を挙げるようにしてください。

膝の捻挫(軽度)の治し方

膝の捻挫が軽度損傷の場合は、腫れや炎症がおさまったら、すぐに膝関節を痛みのない範囲で動かしていきます。

あまりに長く安静にしていると筋肉量が減少して筋力も衰えるため、とにかく早くにリハビリを再開させることが大切です。

膝をひねってから48時間以上は積極的に患部を冷やして安静にしておきますが、炎症期のピークを過ぎる4日目からは温めるようにしていきます。

もちろん、状態によっては冷やしておく必要もありますが、損傷した箇所を触って熱感がなければどんどん温めて血流を良くして怪我の治りを早めることが重要です。

クライオセラピーの重要性

膝関節の捻挫が軽度損傷の場合、なるだけ早くに膝の炎症を抑えながら動かしていくことで、より早くに膝の状態を良くすることができます。

アメリカ発の最新療法として注目されているのがクライオセラピーです。

(クライオセラピーはスポーツトレーナーの世界では当たり前に用いられている手法です。)

患部を冷やして麻痺させながら関節運動をしていきます。

そうすることで、痛みなく関節を動かすことができ、早期回復が望めます。

我々一般人と違ってアスリートは怪我で1日休むだけで、今まで作り上げてきた筋肉量や筋力が奪われていきます。

ですが、クライオセラピーを用いることで筋肉量や筋力を落とさずに済むため、より早くにスポーツ復帰ができるというわけです。

クライオセラピーはアスリートだけでなく誰でも取り入れることのできる回復療法です。

腫れや痛みが治まってきたら、医師に許可を得て積極的に取り入れていきましょう。

膝の捻挫(中度)の治し方

中度損傷の場合は、靭帯が部分的に断裂しているため、自己判断で治そうとしてはいけません。

医師からの指示に従って、決められたリハビリをこなしていくことが大切です。

膝関節に不安定な感覚があるうちに、衝撃やひねりを加えることは再受傷のリスクがあるため危険です。

まずはひねりや衝撃を与えずに膝関節を動かさずに筋力を取り戻していく必要があります。

理学療法士のいる病院なら、リハビリは理学療法士のもとで行うのが一般的です。

リハビリ環境の整っていない病院なら、適切なリハビリを受けるために、紹介状などを書いてもらってリハビリのできる病院に行きましょう。

膝の捻挫が中度の場合は半月板が損傷している可能性があるため、MRIなどの画像診断の情報をもとにリハビリメニューが組み立てられます。

もし、半月板損傷によって膝関節の曲げ伸ばしができない(ロッキング)があれば手術が必要です。

手術によって関節内に挟まった半月板を切除できれば、ロッキング現象は起こりません。

半月板が損傷していなければ、すぐにリハビリをスタートさせていきます。

回復スピードを早めるためには、与えられたリハビリメニューをしっかりこなすのは勿論のこと、運動、食事、睡眠に気を配り生活習慣を見直しましょう。

膝の捻挫(重度)の治し方

重度損傷では靭帯が完全に断裂しているため、固定期間が長くなります。

どの靭帯が断裂しているかによって変わりますが、前十字靭帯や後十字靭帯が完全断裂した場合は、手術によって断裂した靭帯を再建させる必要が出てきます。

再建術は、ハムストリングという太ももの裏の腱を持っていく方法と、膝蓋靭帯という膝の下側についている靭帯で引っ付ける方法の2つがあります。

それぞれの場所によって一長一短ありますが、スポーツをしている人の場合は競技特性などを考慮したうえで手術が行われます。

靭帯の完全断裂だけでなく半月板も損傷している場合は、より長くの治療期間が必要です。

とくに前十字靭帯や後十字靭帯を完全断裂した場合、太ももの筋肉が著しく衰えていきます。

やせ衰えた筋肉を再びもとに戻すことは非常に努力が求められますが、怪我を乗り越えることによって、得れる自信も相当なものです。

諦めずに最後まで一生懸命に膝の回復に努め怪我に打ち勝ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶自己紹介

▶自己紹介

当サイトに訪問してくださり、ありがとうございます。当管理人であるミズタは健康で丈夫な膝を取り戻したいと願う方々に向けて、独自の手技を用いて膝のメンテナンスを全国規模で展開しています。

LINE@読者限定特典!

LINE@読者限定特典!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@が期間限定でスタート!

LINE@がスタートしました。膝に関するご相談や書いてほしい記事などございましたら遠慮なくLINE@までコンタクトしてください。コンタクトの仕方は、上記のQRコードをLINEの友達追加ページにあるQRコードライブラリから読み込んで友達追加を押してください。

コメントを残す

*