膝の動きの様子がおかしい時にみられる病気&障害の一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目次

膝の動きの様子がおかしい時にみられる病気&障害

膝痛を引き起こす病気や障害は様々ですが、膝の動きに異常が現れるものとして
下記のような異常が膝に現れる場合があります。

・膝が重だるくて、動かしにくい
・膝が最後まで伸びきらない
・膝が曲がりにくくて動かしにくい
・膝を曲げ伸ばしするときに、引っかかる感じがする
・膝を動かすと途中で何かが挟まって痛みが走る

(補足:)文中に記載しているのは、あくまでも沢山ある症状や障害のなかのごく一部です。
症状や障害の度合いには個人差がありますので、全ての人にこれらの症状が出るとは限りません。

(補足:)こちらのページでは病気や障害の全体像のみをご説明しています。
さらに詳しい症状や原因、治療法を見られる場合は各病名をクリックしてください。

 

1.膝の痛みは様々な原因により発生します

◆関節ネズミ・関節内遊離体(かんせつないゆうりたい)

関節の骨や軟骨の一部が剥がれたり、欠けたりすることによって、
その骨片が関節内を動きまわるものを関節ネズミ、あるいは関節内遊離体と言います。

【関節ねずみの主な症状と治療法】

関節ねずみが起きると膝の曲げ伸ばしが突然出来なくなったり、バキッと音が鳴って冷や汗がでるほど激しい痛みに襲われることもあります。

当サイトの管理人もサッカーによるコンタクトプレーが原因で右膝の関節の軟骨が剥がれて
関節ねずみによる膝の引っかかり、関節の腫れ、鋭い痛みに悩まされ手術を受けて除去したことがあります。

基本的に関節ねずみが出来ると、膝の内部の組織(半月板や関節の袋)を痛めてしまうので、手術をして遊離体を取り除く必要があります。

MRI検査で遊離体が確認できないこともありますが、遊離体があると曲げ伸ばしの最中に膝が引っかかってロッキングという症状がでます。

出来るだけ早く手術をして、膝内部の状態を悪化させないことが重要です。

【関節ねずみの主な原因】

サッカーやラグビー、テニスなどの激しいスポーツや、事故による脚周辺の骨折、膝関節の破壊・変形を伴う病気などで発生します。

長年、膝を酷使しているなかで膝の軟骨が欠けることもあるので、スポーツや事故以外でも関節ねずみになる可能性もあります。

◆関節水腫(かんせつすいしゅ)

関節内にある「潤滑液(じゅんかつえき)」の量が膝内部の炎症によって異常に増える症状で、
膝関節に関節水腫が起きると膝に水がたまって膝が動かしづらくなり炎症による痛みが起きます。

【膝関節水腫の主な症状】

・膝が大丈夫なほうの膝に比べ、腫れていて熱をもっている
・膝が腫れてお皿が隠れて見えなくなっている
・膝がブヨブヨしている感じで、ヒザの中がスッキリしなくて気持ち悪い

【膝に水が溜まる主な原因】

膝の軟骨や骨がすり減ったり、靭帯が半月板に傷がついたときに炎症が起こり、その炎症を鎮めるために関節液が過剰に分泌されます。

本来、患部の炎症が治まれば関節水腫は改善していくが、いつまでたっても炎症が治まらない場合は、常に膝に水がたまっている状態が続いてしまいます。

【その他の特徴】

関節液の代わりに血がたまるケースも見受けられます。

この場合は整形外科などで膝の水を抜く場合に確認することができます。

血が溜まっている場合は、靭帯や半月板などが損傷している可能性が高いので
MRI検査などでしっかりと膝内部の状態を調べてもらう必要があります。

2.仕事による膝関節の酷使、スポーツによる怪我、
事故などで起こる膝の外傷・障害

◆半月板損傷(はんげつばんそんしょう)

膝関節のクッションの役割となる軟骨組織「半月板」が、大きな負荷(捻じれや衝撃)が加わることで、裂けたり、断裂したりします。

【半月板損傷の主な症状】

・膝を動かしている時に関節の中で引っかかりが起きて痛みを感じる
・膝が最後まで曲がらない、もしくは伸ばせない状態(ロッキング状態)が起きる
・膝関節に水が溜まって大丈夫なほうの膝に比べて大きく腫れている
・膝に力が入らなくなって、ガクンと膝が崩れてしまう

【半月板損傷の主な原因】

スポーツや事故による膝への衝撃や、膝の酷使による膝内部の疲労蓄積

【その他の特徴】

半月板損傷はサッカーやラグビーなどによる脚を酷使するスポーツで多発します。

なのでスポーツ愛好家や激しい動きを伴うスポーツをしている人がなりやすいと言えます。

もちろん、年配の方でも長年の膝の酷使によって半月板が損傷することもあるので注意が必要です。

 

◆離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)

関節軟骨の一部分が壊死して骨の一部と一緒に剥がれてしまう状態をいいます。

関節ねずみや関節遊離体などは、離断性骨軟骨炎が進行したときに起きる症状です。

【離断性骨軟骨炎の主な症状】

膝の動きが悪くなってズシンとした重い痛みを感じることが多いです。

特に膝を動かしているときや動かし終わった直後に痛みを感じやすく、
膝関節に何かが挟まっているような感じがしたり、膝を曲げ伸ばしできなくなったりします。

【離断性骨軟骨炎の主な原因】

無理な運動やスポーツによる膝への負担の蓄積が離断性骨軟骨炎の確率を高めます。

膝を捻りながら挟み込む力(剪断力)が働き過ぎると関節軟骨に大きなダメージが加わります。

膝関節では大腿骨の内側顆と呼ばれている膝の内側にあたる軟骨が離断性骨軟骨炎の好発部位になります。

【その他の特徴】

離断性骨軟骨炎は成長期にあたる10~20代の若年層に多く見られます。

特に、まだ身体が未発達な状態の小中学生の男子が離断性骨軟骨炎にかかりやすいと報告されています。

 

◆タナ障害(タナ症候群)

膝の皿(膝蓋骨)と大腿骨(太ももの骨)の間にあるヒダ状の膜(通称「タナ」)が炎症を起こして痛みがでてきます。

【タナ障害の主な症状】

スポーツ中、もしくはスポーツ後などに膝の皿の内側や裏側に引っかかるような痛みがあります。
膝を曲げた状態から伸ばした時に何か挟まるような感じがして痛みが出る。その際に膝のなかで筋がずれるような感覚が現れることもあります。
膝全体が膨張したような感じがして重苦しさを伴うこともあります。

【タナ障害の主な原因】

膝に捻りなどのストレスが加わった状態で曲げ伸ばしが繰り返されることによって膝内部の「タナ」が骨と擦れて痛みが起きます。

【その他の特徴】

10~20歳代の若い人に多く発症し、特に男性よりも女性の割合が高いと言われています。

バスケットボールやサッカーなど、膝に強いストレスがかかるスポーツでは特にタナ障害になりやすいです。

 

◆膝蓋軟骨軟化症(しつがいなんこつなんかしょう)

ひざ周辺の軟骨(関節軟骨)が、大腿骨(太ももの骨)による衝撃で擦れて摩耗し、炎症を起したもの。軟骨の軟化・膨隆・亀裂などの変形を生じます。

【膝蓋軟骨軟化症の主な症状】

膝を動かす時に、ひざの皿周辺に痛みを感じる。ゴリゴリと音がすることもあります。
ひざの皿を押すとヒザの中のほうがズシンと痛みます。
ひざの皿の違和感・不安定感があります(皿が引っかかったり、膝を伸ばした時にギーギーときしむ)

【膝蓋軟骨軟化症の主な原因】

膝蓋骨への負担の蓄積(膝の酷使、怪我、筋力不足(筋力バランスの低下)、X脚(膝が内に入る)、不自然な歩き方などが膝蓋軟骨軟化症の原因になります。

【その他の特徴】

膝蓋軟骨軟化症は10~20代の若い女性に多く発生すると報告されています。

特に体の作りが変わり始める思春期にホルモンバランスの低下によって関節が緩くなり、膝関節の軟骨がダメージを受けやすくなります。

 

3.加齢や長年の膝関節への疲労蓄積による骨の劣化を原因とするもの

◆変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)

膝関節の骨や軟骨がすり減って、膝関節の形が変形する。

【変形性膝関節症の主な症状】

膝を動かしはじめる時に痛みが走る(立つ、座る、歩くなど)
膝の動きの制限(こわばって動きが悪い、一定以上曲げ伸ばしできない等)
膝がきしんだり、軟骨がすり減るなどの炎症が原因で膝に水が溜まったりする

【変形性膝関節症の主な原因】

加齢による関節軟骨の劣化や、スポーツなどによる膝への過度な負担による骨の劣化が原因です。

【その他の特徴】

変形性膝関節症は中高年の膝の痛みの原因として最も多いと言われています。

 

◆膝蓋大腿関節症(しつがいだいたいかんせつしょう)

ひざの皿(膝蓋骨)と太ももの骨(膝蓋大腿関節)に炎症が起こる

【膝蓋大腿関節症の主な症状】

ひざの皿(膝蓋骨)の上部あたりに、じっとしていても強い痛みを感じる
ひざの皿が大きく動いて関節が外れる(脱臼する)ような感じがする
ひざの腫れやこわばりが見られる

【膝蓋大腿関節症の主な原因】

加齢や膝の使い過ぎによる骨の劣化。膝蓋骨の脱臼(だっきゅう)により起こることもあります。

先天的に膝のお皿(膝蓋骨)が小さい人の場合は、お皿が脱臼しやすく、膝蓋大腿関節症になる可能性が高くなります。

4.主に病気や生体機能の異常を原因とするもの

 

◆骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)

骨の表面にできる良性の腫瘍のこと。

単発性と多発性のものとに分かれ、多発性のものは悪性腫瘍に移行する場合があるので注意が必要。

【骨軟骨腫の主な症状】

膝の周辺に骨のように硬い腫れや、大きな瘤が見られます。
膝の痛みや、膝関節の動きが悪くなり、筋肉というよりかは骨が痛みます。

腫瘤ができても全く痛みが出ない場合もありますが、一度病院で詳しく検査をしたほうが良いでしょう。

【骨軟骨腫の主な原因】

腫瘍ができる原因はまだ解明されていませんが、遺伝的な要因が重なって腫瘍ができるのではないかと言われています。

【その他の特徴】

全体の約半数が10代の成長期の若者であることがわかっています。

◆色素性絨毛結節性滑膜炎(しきそせいじゅうもうけっせつせいかつまくえん)

関節の内側を包んでいる「滑膜」の組織が異常に増殖して塊ができ、その塊から出血を繰り返す病気

【色素性絨毛結節性滑膜炎の主な症状】

ひざの関節が腫れてズキズキと鈍い痛みが見受けられます。
関節がひっかかるような感じや、一定以上曲げ伸ばしできない等の動きの制限が出てきます。
関節内に血がたまり、膝に熱感やだるさを伴うことが多くなります。

【色素性絨毛結節性滑膜炎の主な原因】

色素性絨毛結節性滑膜炎の原因は解明されておらず、未だに原因不明のままです。

 

◆膝関節骨頭壊死(ひざかんせつこっとうえし)

膝関節(関節軟骨)の先端が血行不良によって破壊され、スカスカになって壊死してしまう病気

膝の脳梗塞とも言われている。

【膝関節骨頭壊死の主な症状】

膝を動かした時に膝の関節に激痛が走るようになります(特に歩行、階段の上り下りなどの際に強い痛みがでる)
膝の動きが制限されます(動きが悪い、一定以上曲げ伸ばしができない)
足をひきずって歩くことが多くなります。(びっこを引くような感じです)

【膝関節骨頭壊死の主な原因】

原因不明なものが多いですが、ステロイド剤や飲酒などが膝関節骨頭壊死と関係しているという報告が上がっています。

【その他の特徴】

中年以降の女性が膝関節骨頭壊死になりやすいと言われています。

ホルモンバランスの乱れが大きく関係していそうです。

 

◆神経病性関節症(しんけいびょうせいかんせつしょう)・シャルコー関節

脊髄の中を通る神経に障害が起こり、下半身の感覚が鈍って痛みなどを感じにくくなる病状

膝関節に特に多く発生しやすく、関節の防御機構が働かなくなってしまうと、関節内の破壊と増殖が繰り返される。

【神経病性関節症の主な症状】

関節が異常に腫れて、水が溜まります。
関節が破壊されるため、グラグラして不安定感があります。
高度な関節の変形・破壊が見られるにも関わらず、痛みをあまり感じません。

【神経病性関節症の主な原因】

神経病性関節症は糖尿病、梅毒、脊髄の病気など、神経障害を起こす病気にかかることで起こります。

早期に発見して、早いうちに装具などを付けることで神経病性関節症の悪化を予防することができます。

 

◆結核性関節炎(けっかくせいかんせつえん)

肺結核の経過中に結核菌が関節内に侵入して炎症が起きる病気です。

関節では手関節や足関節に比べて膝関節に起きるケースが最も多くなります。

【結核性関節炎の主な症状】

結核性関節炎になった最初のうちは膝に軽い痛みが現れます。
段々と夜間に痛みが増すようになり、膝関節がこわばるようになります。
膝の皮膚表面に熱を持つようになり、膝に水が溜まるようになり患部を押すと痛みます。
発熱、全身の倦怠感(だるさ)、食欲不振、体重減少などの風邪のような症状が出るケースもあります。

【結核性関節炎の主な原因】

肺結核の合併症として発症したり、過去に患った結核の後遺症や結核患者との接触による感染などによって発症します。

 

◆滑膜性骨軟骨腫症(かつまくせいこつなんこつしゅしょう)

関節内を包んでいる滑膜に腫瘍ができ、その腫瘍が軟骨化し、軟骨の破片が関節内を遊離する。

関節の内壁の細胞が、突如として骨化し軟骨を形成してしまう非常に厄介な病気。

【滑膜性骨軟骨腫症の主な症状】
突然、膝が痛むようになり、膝を曲げ伸ばしたときに強い痛みがでます。
膝の関節の中で骨片が挟まって引っかかり(ロッキング)が目立つようになります。
20歳~40歳の男性が発症しやすく膝関節や股関節に多く見受けられます。

【滑膜性骨軟骨腫症の主な原因】

滑膜性骨軟骨腫症の原因は不明ですが、一説では滑膜のなかの遺伝子が突然変異したという説があります。

【その他の特徴】

発生頻度の少ない珍しい病気ですが、若い男性に多く起きています。

 

◆血友病 膝関節血腫(けつゆうびょう ひざかんせつけっしゅ)

遺伝子の異常によって、「出血時に血液が凝固して止血する身体本来の機能」が失われている、先天的な疾患。
少しの刺激であっても出血しやすく、一度出血すると止血するまでにかなりの時間がかかってしまう。

出血は皮膚上だけでなく、筋肉内、関節内、皮下など体内でも繰り返し起こり、膝関節でも見受けられる。

治療は、血液を凝固させるための薬を静脈から注射して行われる(定期補充療法)

【血友病 膝関節血腫の主な症状】

外部からの刺激での出血が多く、一度血が出るとなかなか止まりません。

関節内で何度も出血が起こると、関節の曲げ伸ばしができなくなることがあるため中度から重度の血腫の場合は定期補充療法を行います。

【血友病 膝関節血腫の主な原因】

血友病の病的遺伝子を持った母体から産まれた男児に発病するケースがほとんどです。
染色体の構造上、女性に発症することは殆ど無く、患者の99%は男性であることがわかっています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*