膝のなかがどんより気持ち悪くなるときの原因と効果的な解消法3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

・膝がズキズキと痛むわけではないんだけど、なんとなく膝のなかがどんよりして気持ち悪い感じがする。

・とくにじっとしていると膝の気持ち悪さが増大してイライラして集中できない

座っているときに余計に膝のなかが気持ち悪くなる

 

上記のような症状を繰り返している人や、実際にいま膝の気持ち悪さで悩んでいる人は、コチラの記事を最後まで読み進めていくことで膝の気持ち悪さやドンヨリ感を取り除くことができます。

では早速、膝の気持ち悪さの原因を解明していきましょう。

膝のなかの気持ち悪さの最大の原因は筋肉の緊張

膝のなかが気持ち悪くなる原因の1つに筋肉の過度な緊張があります。

とくに膝の関節周りについている脛やふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうと、筋肉のなかに酸素が運ばれなくなり酸欠を起こします。

酸欠を起こした筋肉は苦しくなって息ができなくなるので、疲労物質の乳酸が出てきて気持ち悪さの原因になります。

ずっと酸欠を起こした状態が続くと、筋肉の柔軟性がさらになくなって悪循環な状況が作り出されてしまいます。

酸欠を解消するには筋肉にたまった乳酸を取り除く必要があります。

筋肉内の疲労物質が上手く流れるようになれば膝の気持ち悪さを取り除くことができます。

乳酸を取り除く方法はいくつかありますが、根本的に解決するには筋肉を柔らかくして血液の流れをよくすることが大切です。

それでは以下に膝の気持ち悪さを解消するための具体的な解決策を3つに分けてご紹介します。

 

スポンサード リンク

①食生活を見直す

当たり前ですが、人間の体というのは食べたもので作られています。

食べるもののチョイスによって体の状態が大きく変化するということです。

例えば動物性食品を日常的に食べている人はそうでない人に比べて筋肉が硬くなりやすく炎症も起きやすいことが分かっています。

またチョコレートや洋菓子などの甘いものを体に取り込んでいる人筋肉に乳酸がたまりやすく、じっとしているだけでもしんどい状態が続きます。

甘いものを口に入れると脳が快楽物質を分泌します。

甘いものを取り込むと脳が錯覚を起こし、体が一時的にラクになるので甘いものを常習的に食べるようになってしまい悪循環を引き起こします。

具体的な解決策としては炎症の起きやすい牛肉などの摂取を制限して、魚などを多く取り込むようにすること、洋菓子から和菓子に変えて血糖値の上昇を抑えることなどがあります。

すべての細胞が生まれ変わるにはある程度の期間が必要になるので、良質な食事を数日実施しただけでは効果は出ません。

これからずっと継続していくことを前提に食生活を見直していきましょう。

 

②筋肉のアンバランスを解消する

筋肉のバランスが崩れてしまうと、一部分の筋肉だけに負荷がかかり疲労物質が蓄積され不快な症状をもたらします。

とくに下腿部にある前脛骨筋が疲れている人は膝の気持ち悪さを訴える人が多くなります。

筋肉のバランスを整えるためには、硬くなっている反対側の筋肉を積極的に鍛えることが大切です。

例えば脛の前側の筋肉がパンパンに張っているのであれば、後ろ側のふくらはぎの筋肉を鍛えてバランスを整えます。

前面の筋肉と後面の筋肉とのバランスが整えるには最低でも2週間近くはエクササイズを実施していきましょう。

ヒールやサンダルなどを日頃から履いている人は、クッション性のあるスニーカーに履き替えるだけでも筋肉のアンバランスが解消されることがあります。

 

③縮まった筋肉を伸ばす

筋肉が硬くなって縮まると膝の関節のバランスが崩れてしまい、膝の気持ち悪さを増長させます。

縮まった筋肉を元に戻すにはストレッチが有効です。

気持ち悪さを解消する効果的なストレッチ

膝の裏のなかにある膝窩筋という筋肉が硬くなってしまうと膝のなかが気持ち悪くなります。

縮まった膝窩筋をストレッチで引き伸ばしてあげることで膝のなかの気持ち悪さがスッキリ解消します。

膝窩筋はアキレス腱を伸ばしたときに伸ばされる筋肉です。

ですので、膝窩筋を効果的に引き伸ばすには階段の段差などを利用して、ふくらはぎのストレッチを行います。

伸ばすだけでも充分に効果を感じることができますが、膝窩筋が硬くなる原因は筋肉のアンバランスなので、筋肉のバランスを整えながらストレッチを取り入れていくことが大切です。

とくにヒールなどを履いている人は重心が前側に移動して太ももの前の筋肉が使われるので、太ももの後ろ側のハムストリングを鍛える必要があります。

頻繁にヒールを履いている人は太ももの前側の大腿四頭筋のストレッチも欠かさず実施しましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

コメントを残す

*