膝痛解消に爆発的な効果を発揮する○○の正体を明かします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

暑い夏が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

夏の暑い時期は熱中症対策も含めて、クーラーをかけて部屋を冷やすことが多くなるかと思います。

長い時間クーラーをかけていると、冷えによって膝が痛くなりやすいので、適度に体を動かして汗をかくようにしましょう。

さて、今回ご紹介する記事は、今までの内容とはちょっぴり違ったマニアックな情報です。

マニアックな情報といっても、小学生の高学年でも理解できる内容になっていますので安心して読み進めて頂ければと思います。

飽食の時代が原因で膝痛患者が増加?

今は食べるものに困らない飽食の時代です。

現代人は、常に食べるものに囲まれているため、70年前と違ってカロリーを摂りすぎています。

時代が進むにつれて、ファーストフードなどの高カロリー食や、スイーツなどの白砂糖や油脂を使った嗜好品が山のように溢れかえっているのが今の現状です。

その結果、生活習慣病になるリスクが高くなり、今じゃ脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などが珍しい時代でなくなりました。

偏った食生活にプラスして運動不足が重なると、老廃物がドンドン体に蓄積されて、筋肉も痩せて新陳代謝が低下します。

老廃物が蓄積された毒素いっぱいの筋肉は、硬くて、弱くて、もろいです。

ドンドン筋肉が痩せていくのに、体重だけが増えていくわけですから、体重の重さに筋肉が耐えきれなくなります。

そうなると、やがて関節に変形をもたらすことになります。

変形性膝関節症を含む、膝関節に何らかの問題を抱えている40歳以上の人が、日本には2500万人以上もいます。

この深刻な現象を少子高齢化社会だけの理由にしてはいけません。

変形性膝関節症を含む、膝の疾患を根本的に解消させていくには、食事を制限して体重を減らすといった表面的なものではなく、根っこから生活習慣を見直すことが先決です。

スポンサード リンク

栄養過多=細胞が酸化=膝痛疾患のリスク増

カロリーを摂取する機会が多くなると栄養過多に陥ります。

もちろん、どんな食品を口に入れるかによって、体の栄養状態が大きく変わってくるのも事実です。

現代人は五大栄養素のなかでも、糖質(炭水化物)を摂取している頻度が高い傾向にあります。

摂取した糖質は肝臓にグリゴーゲンとしてストックされ、ブドウ糖に分解されて血液中に送り出されます。

このようにグリゴーゲンがブドウ糖に分解されて体内で使われることをブドウ糖回路と言います。

現代人は炭水化物ばかりを摂取しているので、ブドウ糖回路が頻繁に使われることになります。

ブドウ糖回路が使われすぎると、血糖値が高くなり、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因になります。

血糖値が高くなるということは、簡単にいうと血が汚れるということです。

血が汚れて、血液がドロドロになってしまえば、筋肉にも影響が出ます。

ドロドロに汚れた血液が多くなると、筋肉に酸素や栄養が行き届かなくなってしまいます。

つまり、炭水化物ばかりを食べている人はそうでない人に比べて、肝臓が疲弊し、血が汚れ、体内が酸化し、筋肉に必要な酸素が不足しているということです。

酸化によって膝や股関節を支える筋肉が硬くなって痩せ細ると、やがて関節に炎症が起き、膝に痛みが出てくるようになります。

スポンサード リンク

膝の痛みを解消するには毒素排出がもっとも肝心

栄養過多に陥ると、血液が汚れて体内に老廃物などの毒素が蓄積されます。

古くから、膝の痛みを解消させるためには、体重を落とすことなどが大事だと口を揃えて整形外科の先生が話しています。

ですが、体重のコントロールよりも真っ先に大切にすべきなのは、体内に蓄積された毒素を体外に排出することです。

毒素が蓄積された状態で、食事制限をしても膝の痛みを根本的に解決することは不可能と断言していいでしょう。

いちばんやってはいけないことが、食事制限をしながら、甘いお菓子やファーストフードなどを食べる行為です。

酸化した油脂や精製された白砂糖の摂取すると、毒素が蓄積されて、関節の炎症が促進されて膝痛になるリスクが高まります。

では、毒素を体の外に排出するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

肝腎の機能をアップさせる断食の効果

肝臓と腎臓には、体のなかに溜まった老廃物を除去させる役割があります。

肝臓と腎臓の機能が高ければ老廃物が蓄積されることがありません。

毒素が排出されていれば血が汚れることもないので、綺麗な血液が筋肉に行き、全身の筋肉や関節がスムーズに動いてくれます。

つまり、膝の痛みを根本的に解決させるには肝臓と腎臓の機能を引き上げて、毒素を排出させる必要があるということです。

肝腎の機能をあげるには、まずは使われすぎた肝腎を休ませる必要があります。

そのなかで爆発的な効果を発揮してくれるのが断食です。

断食をして、空腹状態のまま、しばらく過ごすことで、体内に蓄積された毒素が排出されていきます。

元プロ野球選手の工藤公康さんは、現役時代に不摂生が積み重なって体調不良でダウンしたときに、自身の生活に断食を導入して再復活を遂げました。

現役時代の暴飲暴食によって、肝臓に致命的なダメージを負っていた工藤さん。

医師からは現役を続けるどころか、命まで失うよと言われるほどだったと言います。

そんな大ピンチのときに工藤さんは断食を導入して食生活を改善することを決意します。

その結果、体調がみるみるうちに良くなって、体もグングン軽くなっていったのです。

断食の目安期間は1週間

工藤公康さん曰く、毒素排出を成功させるうえで、いちばんカギとなるのは1週間あるうちの最初の2日間だと言います。

最初の2日間は猛烈にお腹が空いて、ご飯を食べたい気持ちでいっぱいになるからです。

今までずっと食事を摂ってきた人にとっては、この2日間を乗り越えるのは本当に修行のようなものです。

ですが、この2日間を乗り越えれば、1週間くらい何も食べなくても全然平気な気分になります。

私も日頃から定期的に断食をしています。

断食することに慣れてくると、逆に断食できない状態が続いた時に、早く断食をしたいなと思うまでになります。

飢餓状態が続くと、体に良くないのではないかと考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

最低限、体に必要な良質な酵素を摂取して、しっかりと水分を摂っていれば、むしろドンドン体内が浄化されていきます。

空腹時の状態が長くなればなるほどに、細胞のなかのゴミ(不要なタンパク質)が掃除されるので、体も膝も軽くなります。

1週間続けれない場合は、2日でも効果あり

仕事のお付き合いの関係で、どうしても1週間も断食は続けれないという場合は2日間でも、ある程度の効果が期待できます。

ただし、2日間では体内の毒素をすべて排出することはできないので、1週間に1回の割合でプチ断食を繰り返していく形がオススメです。

酵素を体内に取り入れることによって、栄養素の吸収を高めてくれたり、傷んだ体を修復してくれます。

断食中は酵素をたっぷり含んだ酵素ジュースを飲んで、必要最低限の栄養素を摂取するようにしましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

軟骨細胞を活性化させる働きをもつ
最新ペプチドサプリメントを実際に購入して検証しちゃいました\(^o^)/

コメントを残す

*