膝の下が痛い

膝の下側が痛いと強く訴える子供に親が今すぐしてあげれること

我が子が膝を痛そうにしている姿をみるのは、親としては大変に歯がゆい気持ちです。

今回は膝の下側が痛い子供にたいして、親が今すぐにできることをお話しします。

子供の膝の下側の痛みの原因

子供の膝の下側の痛みは、いつ頃から始まったでしょうか。

まずは、痛くなった日付を思い出して、何日くらい膝の下側を痛がっているのか特定しましょう。

成長期痛か、スポーツ障害か

子供の膝の下側の痛みで厄介なのが、成長痛とスポーツ障害の判別が難しいことです。

とくに子供がスポーツをしている場合は、スポーツ障害の可能性も考えられます。

成長期でもっとも多いスポーツ障害はオスグッド病です。

オスグッド病になると、膝の下側が強烈に痛みます。

膝の下側にある脛骨粗面という部分が、ボコっと隆起している場合はオスグッドを疑います。

オスグッド病になると、少し走ったりするだけで膝の下側が重く痛むため、スポーツを休止させなければいけません。

子供がサッカーやバスケなどのジャンプやストップ動作の多いスポーツをしている場合はオスグッド病の可能性が非常に高いと言えます。

水泳などではオスグッド病は起こりにくいのですが、平泳ぎのキックを打ちすぎることで膝の内側下が痛むことがあります。

どちらにしても、なるだけ早くに整形外科を受診して医師の診断を受けてください。

オスグッド病と診断されたら

我が子がオスグッド病と診断されたら、しばらくスポーツは控えるようにと医師から言われることがあるかもしれません。

たしかにスポーツを控えていれば、膝の下側の痛みも治ってきやすいでしょう。

ただ、子供としては大好きなスポーツを休みたくない、皆に休んでるところを見せたくないという気持ちになるものです。

完全にスポーツをストップすることが負担になるときは、痛みのない範囲で動いて、痛みが出てきたら休むといったスタンスで再開できないか学校やクラブ側に相談してみましょう。

オスグッド病に効果的なストレッチ

子供がオスグッド病になったら、痛みを緩和させることのできるストレッチを取り入れましょう。

 

 

 

 

 

オスグッドにもっとも有効なストレッチは、大腿四頭筋のストレッチです。

大腿四頭筋は太ももの前にある筋肉ですが、この筋肉が硬く緊張すると膝の下側にある脛骨粗面を引っ張り上げます。

普段から大腿四頭筋のストレッチを習慣化させることで早期で痛みが消失する可能性が充分にあります。

大腿四頭筋のストレッチの仕方は何種類かありますが、どのストレッチも強い痛みを感じるまでやってはいけません。

少し痛くても伸びてる感覚が十分に感じられれば正しくストレッチできています。

もっともシンプルな大腿四頭筋のストレッチは、スタンディング形式で立ったまま伸ばしていくストレッチです。

伸ばすほうの足首を手で持ったときに腰が反らないように、おへその下に軽く力を入れながら、かかとをお尻に引きつけてあげましょう。

もっと強く伸び感を得たいときは、床におしりをつけた状態でストレッチをします。

ストレッチをかけていないほうの脚は足を曲げずに伸ばしておきましょう。

ストレッチをかけるほうの膝は曲げたときに内側に入りやすいので、痛みのない範囲で行ってください。

子供の膝の下側の痛みが、なにをしても解決できなかったら

スポーツを休んで、病院に行って、安静にして、ストレッチなどをしていても、子供が膝の下側を痛がり続けることがあります。

そういった場合は、遠慮なく私のほうまでご相談ください。

わたしは今までに数多くの成長期にあるお子さんをみてきましたが、大半のオスグッド病は早期で改善していきました。

成長痛やオスグッド病の原因は体の使い方に問題があることが多く、筋肉を支えているポイントを正常な位置に持ってきてあげるだけで症状が治まってしまうこともあります。

しばらくの間、痛みが続いていたお子さんに関しては、脳が痛みを記憶しているため、痛みのない動作を繰り返し頭のなかに記憶させることで動作時痛をなくしていくことも可能です。

ご相談は、LINE@のほうからできますので、遠慮なくご相談くださいませ。

膝の下が痛い状態でランニングを続けても大丈夫?!

ランニングをしていると、膝の下が痛くなることがあります。

膝の下に痛みが出てくると、今まで難なく走れていたのに、着地するたびに痛みが走ります。

ズキズキと痛みを感じる人もいれば、ズシンとした重だるい痛みを感じる人も居ます。

そんな膝の下が痛い状態で、痛みを我慢しながらランニングを続けても大丈夫なのでしょうか?

膝の下が痛い原因

そもそもなんで膝の下が痛くなるんでしょうか?

もしかしたら、あなたの膝の下が痛む原因は、お皿(膝蓋骨)が引っ張り上げられているからかもしれません。

通常、膝蓋骨は、膝の関節が安全に曲げ伸ばしするうえで大きな役割を担っています。

膝蓋骨がないと、膝の前面を保護する機能がなくなってしまうため、無くてはならない存在です。

膝関節を伸ばすときに太ももの前側の大腿四頭筋が使われるのですが、膝蓋骨は大腿四頭筋の腱に付着しています。

つまり、大腿四頭筋が使われるたびに、膝蓋骨が大腿四頭筋腱に引っ張られているということです。

とくにランニングなどの膝に負担のかかる運動を日常的に繰り返している人は、そうでない人に比べて、大腿四頭筋が緊張しています。

大腿四頭筋が緊張して硬くなると、膝蓋骨が大腿四頭筋腱によって大きく引っ張られます。

その結果、お皿の下に痛みがでるわけです。

膝の皿の下には、膝蓋靭帯という靭帯があって、下腿部の骨(脛骨粗面)に付着しています。

膝蓋靭帯の近くに乳酸や疲労物質などが蓄積されてしまうと、やがてそれが痛みに変わります。

これが膝の下の痛みとして出てくるわけです。

膝の下の痛みの特徴

膝の下の痛みは、運動を開始したと同時に出てくることが多いです。

歩いている状態なら大丈夫なのに、ランニングを始めると膝のお皿の下がたちまち痛みます。

走り続けていると、段々と痛みが大きくなってきて、着地したときに強い痛みを感じるでしょう。

膝の下の痛みが大きくなってくると、走ってなんかいられません。

重くてだるい痛みが膝のお皿の下にズシッとくると、ランニングすることが嫌になります。

膝の下の痛みはジャンパーズニーかもしれません

運動時に膝の下が痛くなる疾患のことをジャンパーズニー(膝蓋腱炎)と言います。

ジャンパーズニーはランナーだけでなく、バスケットやサッカーなど、ありとあらゆるスポーツでも発症するスポーツ障害です。

元サッカー日本代表の内田篤人選手もジャンパーズニーで悩まされて、長い療養期間を要しました。

ジャンパーズニーが厄介なのは、一度なってしまうと完治させることが難しいということです。

膝の下の痛みの対処法として有効なテーピング

走り出すと膝の下に痛みがでてくるジャンパーズニーですが、対処法は存在します。

上手くいけば、全く痛みを感じることなくランニングをすることも可能です。

冒頭でお伝えしたように、膝の下の痛みの原因は大腿四頭筋が使われすぎることによって起こります。

ということは、大腿四頭筋をサポートしてあげれば、痛みは大幅に改善できるということです。

大腿四頭筋をサポートするために有効なのがテーピングです。

テーピングと一口に言っても、色んなテープの種類や貼り方があります。

一般的にスポーツ用品店やドラッグストアなどで販売されているテーピングはキネシオテープです。

筋肉の強度を診断して、最適な治療法を選択する考え方を、アプライドキネシオロジーと言います。

キネシオテープはアプライドキネシオロジーの考えに基づいて考案されたテープです。

怪我をしていなくても、運動パフォーマンスをあげるために積極的にキネシオテープを使っているアスリートも多くいます。

膝の下が痛いときに有効なテーピング方法

膝の下が痛いときに有効なテーピング方法があります。

物凄くシンプルなテーピング方法ですが、実際にテーピングをした多くの人が効果を実感している方法です。

①膝の下側の痛いところ(膝蓋靭帯付近)にキネシオテープを2本貼ります。

②キネシオテープ2本を膝のお皿を囲むようにしながら貼っていき、太ももの上のほうまでテープが重ならないように真っ直ぐ貼っていきます。

キネシオテープを貼るうえでの注意点

キネシオテープを貼るときは、テープを引っ張りながら貼らないようにしてください。

引っ張りながらキネシオテープを貼ってしまうと、本来のキネシオテープの持ち味である筋肉をサポートする力が弱まってしまいます。

テープを貼るときは、体毛を剃って、汗やゴミなどを拭き取った状態で貼るようにしてください。

膝の下の痛みがある状態でのランニングは基本的にNG!

膝の下に痛みがある状態で無理をしてランニングするのは良くありません。

痛みがあるなかで無理をして走ってしまうと、更に痛みが悪化してしまう恐れがあるからです。

特に厄介なのが慢性痛です。

痛みが慢性化してしまうと、脳が痛みを記憶することになるので、完治が難しくなります。

なので、基本的には膝の下の痛みが解消されるまでは、ランニングは控えておくことが懸命です。

膝の下の痛みをストレッチやマッサージで緩和しよう

走ることは出来なくても、キネシオテープなどを使用してウオーキングを行えば、良いリハビリになります。

膝の下が痛い人にオススメするメンテナンスのなかに、大腿四頭筋のストレッチがあります。

使われすぎて過緊張状態になった大腿四頭筋にストレッチをかけると、相当な伸びを実感できるはずです。

特にお風呂あがりに大腿四頭筋のストレッチを実施するようにしてください。

筋肉の温度があがっているお風呂あがりなら、靭帯や腱に負担をかけることなく、大腿四頭筋を伸ばすことができるからです。

また、ストレッチと並行してウオーキングを組み合わせることで、筋肉の減少を食い止めることができます。

しばらく走れなくなるのはランナーにとっては辛いことです。

ですが、徐々に運動強度をあげていく練習メニューを作成したり、柔軟性をあげるストレッチやお皿まわりのマッサージを実施することで、膝の下の痛みは確実に改善していきます。

まずは焦らずしっかりと治していくようにしましょう。