日常生活による膝の痛みは自律神経のバランスを整えて解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膝に大きな負担をかけていないのに、膝が痛くなることってありますよね。

こういった場合は、自律神経のバランスが崩れて膝が痛くなっている可能性があります。

今回は、自律神経の働きを高めて膝の痛みを解消していく方法をご紹介します。

自律神経のバランスが崩れると膝が痛くなる理由

自律神経とは、自分の意志とは関係なく、生命を維持するために勝手に働く神経のことです。

例えば、人間には食べたものを消化する働きが備わっていますが、意識的に消化しているわけではありません。

無意識のうちに、食べたものが勝手に胃や腸を経て消化されています。

ですが、自律神経のバランスが崩れてしまうと、食べたものが上手く消化されないことがあります。

その結果、胃もたれを起こしたり、食欲がなくなったりします。

消化器官だけでなく、膝や股関節などの関節でも、自律神経の働きが崩れてしまうことによって、痛みやだるさや倦怠感などが起こります。

自律神経の働きが弱まることによって、血液の流れがわるくなったり、乳酸などの疲労物質が蓄積され、関節が炎症を起こしやすくなるからです。

特にこれと言ってハードな運動をしたわけでもないのに、膝に痛みを感じている人は、自律神経のバランスが崩れていることを疑ってみましょう。

スポンサード リンク

自律神経を整えて膝の痛みを解消する方法

では、一体どのようにすれば自律神経の働きを高めていくことができるのでしょうか。

自律神経のなかには、交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

交感神経は主に日中活動しているときに活発に働く神経のことで、血管を収縮させて血圧を上昇させたりします。

反対に副交感神経は休むときやリラックスするときに働く神経で、胃腸を動かしたり、血管を拡張させたりします。

朝起きるのが苦手な人は低血圧の人が多いと言われていますが、これは寝ているときに休む神経の副交感神経が活発に働いていたからです。

本来ならば、朝の光とともに交感神経にスイッチがついて、快適に目覚めることができるのですが、自律神経のバランスが崩れていると交感神経が上手く働かなくなるため、目覚めが悪くなるのです。

膝の痛みで悩んでいる人の多くは不規則な生活になっていることが多く、特に夜遅くに寝て、昼過ぎまで寝ている人ほど、関節に炎症が起きやすくなります。

一番良くないのが、夜遅くまで起きて就寝間際にゴハンを食べてから寝ることです。

本来であれば、寝ている間に内臓が休むための準備をするのですが、食事をしてすぐに寝ると胃腸が消化するために活発に働くことになって、休まるはずの臓器が休めなくなってしまいます。

こういった生活を繰り返し送っていると、カラダが浄化する時間が奪われて、免疫力がどんどん低下していきます。

免疫力が下がると、肝臓や腎臓で毒素が排出できなくなるので、リンパの流れも悪くなって、足が冷えてむくみます。

この足の冷えやむくみは、膝の痛みの大きな原因となります。

不規則な生活を送っている人は、まずは就寝時刻や起床時刻を一定にしてみましょう。

人間の体は食べたものでできている

私たち人間の体は食べたもので出来ています。

「いま食べているものが10年後の自分の体」と言われているほどですから、どんな食べ物を摂取するのかは、私たちにとってかなり重要なことだといえます。

ファーストフードや油脂を多く含んだ菓子類などの酸化した加工食品や嗜好品ばかり食べていると、自律神経のバランスを崩します。

ファーストフードなどの加工食品以外でも、牛肉などを好んで食べる人は、筋肉や関節に炎症が起こりやすいことも分かっています。

やはり、食事は偏食せずにタンパク質・炭水化物・脂質のバランスを調整して、ビタミンやミネラルなどを旬の野菜や果物から摂取していくことが望ましいといえます。

膝に痛みを抱えている人が食生活を見直したことで、痛みがなくなる場合もよく見受けられています。

大豆や豆乳などの植物性タンパク質を積極的に摂取したり、新鮮な生野菜や果物からビタミンCを補給することで、膝のコンディションが上がりやすくなります。

まとめ:

・不規則な生活を見直して、体をしっかりと休ませよう

・夜寝る前のゴハンは、最低でも3時間前に済ませておこう

・動物性食品などの摂取を抑えて、大豆などの植物性タンパク質を摂取しよう

・油脂の多く含まれた加工食品や、酸化した嗜好品などは、できるだけ摂らないようにしよう

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

▶ブログ運営者[愛飲サプリ ]

コメントを残す

*